脱毛コラム

自己処理できない背中のムダ毛をプロの手で脱毛しよう

キレイな肌は若さと健康の象徴。艷やかでみずみずしい肌を大胆に露出するのは10代20代でしかできません。女子高生などはその特権を誇示するかのように、寒い季節でもミニスカートをはいて、街を闊歩しています。

ただ若々しい肌を見せびらかすのはいいのですが、その時に気をつけなければならないのがいつの間にか伸びているムダ毛です。

いくら肌合いが素晴らしく、スタイルも非の打ち所がないとしても、ムダ毛をしっかりと処理していないと「見せびらかしているくせに、手入れをちゃんとしてないんだ」と思われ、侮蔑的な視線を向けられかねません。

そんな憂き目にあわないためには小まめに自己処理しなければなりませんが、毎週のようにカミソリや毛抜きで毛を処理していくのは面倒なものです。

しかも、腕や脚、あるいはデリケートゾーンの一部などは自分でムダ毛を処理できますが、どうしても自己処理が不可能なところがあります。

それが「背中」です。

幸いなことに背中を人前にさらす機会というのはそれほど多くありません。外国ではパーティなどが多く、背中を大胆に露出したドレスを着ることもあるようですが、日本ではたとえパーティに出席するとしてもそんな露出度の高い服はそれほど好まれていません。
その点では外国人に比べると、背中のムダ毛を絶えず処理する必要は少ないと言えます。

ただ、そのせいでかえって背中を放置しておくことになり、知らないうちに他人には見せられない状態に陥っている可能性もあります。美容に関心のある女性なら、そんな状態を知ったら居ても立ってもいられなくなるでしょう。

そんな場合、先程も言ったように背中の自己処理は難しいので、どうしてもサロンやクリニックに頼る必要が出てきます。

最近は脱毛もちょっとしたブーム状態を呈していて、施術を受ける女性の数も増えました。
テレビのコマーシャルのおかげで、有名サロンやクリニックの名前など、脱毛に関心のある女性でなくても知っているくらいです。

ただ、脱毛サロンや専門クリニックと無縁な女性がまだまだ多いことも事実。確かに関心はあるのですが、何となく不安が先立って脱毛に二の足を踏んでいる女性は相当な数にのぼります。

そこでそんな人のためにこのページを立ち上げてみました。背中脱毛に関する情報を紹介し、脱毛のメリットを色々と解説していこうと思います。

背中脱毛の料金はいくらぐらい?

背中脱毛をするなら、サロンか医療クリニックに通う必要があります。

そこでそれぞれの料金を一覧にしてみることにしました。

まずはサロンから。サロンの場合は、背中脱毛の完了には最低でも12回以上かかりますので、12回の総額をあげてみます。

・ジェイエステ……97,200円(-32,484円)
・エピレ……134,424円(-116,260円)
・銀座カラー(リーズナブルコース)……136,036円(+6,352円)
・ディオーネ……168,480円(+38,796円)
・ミュゼ……233,280円(+103,596円)

(カッコ内の数値は、平均料金129,684円との差額)

続いて医療クリニック。背中脱毛の完了に必要な5回の値段を記します(ただし湘南美容クリニックだけは6回)。

・リゼクリニック……79,800円(-45,286円)
・アリシアクリニック……110,000円(-15,086円)
・クレアクリニック……110,592円(-14,494円)
・レジーナクリニック……116,640円(-8,446円)
・トイトイトイクリニック……135,648円(+10,562円)
・表参道スキンクリニック……160,920円(+35,834円)
・湘南美容クリニック……162,000円(+36,914円)

(カッコ内の数値は、平均料金125,086円との差額)

こうして一覧にしてチェックしてみると、医療クリニックの方が回数が少ない上に料金が安いことがわかります。

なぜ背中脱毛は他の部位よりも効果が上がらないのか?

背中脱毛は他の部位に比べると効果がなかなかあらわれません。

それは背中の毛が他の部位より細いのが原因です。

また脱毛サロンや医療クリニックで使用されている機器の種類によっても、効果の優劣および終了までのスピードに差が出てくる、とされています。

サロンでの施術は、主にIPL脱毛と呼ばれる方式を使っています。

これはもともとフォトフェイシャルという施術用に、エステサロンで用いられていたものです。IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系の光線が、くすみ、シミ、毛穴の引き締めに効果を上げていました。

ところが、フォトフェイシャルを受けていた客の感想に「毛が薄くなった」というものが多かったため、科学者の間で「IPLで脱毛が可能なのでは?」というテストが行われたのです。
そして確かな効果が実証されたため、サロンで脱毛機として流用されるようになりました。

IPLは比較的照射時間が長く、広範囲の肌に当てられるので、背中や足などの広いパーツにはもってこい。効率的ということで、料金も安い、というメリットがあります。

ただ、もともとエステのために設計されただけに、毛根に働くパワーはそれほど強力ではありません。

一方、医療クリニックの方ですが、メインで用いられているのは「レーザー脱毛」という方式です。これは文字通り、レーザー光を肌に直接当てて脱毛をおこなう、というもの。

実は脱毛の原理そのものは、レーザー脱毛もIPL脱毛も変わりません。IPLもレーザー光も、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わる性質を持っています。

肌に直接照射すると、メラニン色素を含む組織、つまり毛と毛根で熱エネルギーに変化し、それらにダメージを与えます。
特に毛根には毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織がありますから、その発毛機能が打撃を受け、ムダ毛が生えてこないようになるわけです。

ただ原理は同じでも、レーザー光の照射パワーはIPLの比ではありません。毛根部位へのダメージは凄まじく、発毛組織は完全に死滅し、うまくいくと一生毛が生えてこなくなります(これがいわゆる「永久脱毛」です)。

ではレーザー光なら背中脱毛でも効果が上がるのでは、と思われるでしょうが、そうもいきません。

なぜかというと、上述したように背中の毛は薄く細いものが多く、レーザー光を当てても肝心の反応が起こりにくいからです。

「じゃあ効果的に脱毛をおこなう方法はないのか?」ということになりますが、それは次のセクションで説明していきます。

背中脱毛で効果が上がる方式とは?

背中の毛は他の部位より脱毛が難しいと書きましたが、対処方法はいくつかあります。

それらを列挙すると——

・サロンのS.S.C.方式での施術
・ダイオードレーザーを用いた施術
・美容電気脱毛を受ける

の3つになります。

ひとつづつ説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはイタリアのDEKA社が考案したもので、S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」の略です。

それまでのIPL方式との最大の違いは、マシンだけでなく専用のジェルを使うこと。このジェルには「フィリニーブ」という独自成分が配合されています。

この成分には尿素、サルチル酸、セイヨウシロヤナギのエキスといった物質が含まれていて、これらがマシンの光線と併用されることで毛根に浸透。脱毛効果をあげます。

上のセクションで書いたように光線だけを使う施術では、背中の細い毛には今ひとつ効果がありません。しかしジェルを併用するS.S.C.方式なら、メラニン色素とは関係なしに脱毛できるので、背中のムダ毛にも効果が期待できます。

続いて、ダイオードレーザーを用いた施術です。

医療クリニックではレーザー脱毛をおこなっていますが、使われるレーザーには以下のようにいくつか種類があります。

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

この3つにはそれぞれメリットがあるのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーと比べて高いパワーで脱毛をおこなえる点が大きな特徴です。

レーザー光の基準にパルス持続時間というものがありますが、ダイオードレーザーは、3/1000秒と非常に短く、このことで出力を高くできるのです。

また、毛の色や太さ、肌の色に関係なく施術可能な点も大きなメリット。

マシンの機種としては、「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがありますので、このどちらかを使っている医療クリニックに行けばいいでしょう。

最後に美容電気脱毛です。こちらは「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」の別名もある脱毛方法で、以前は施術の主流となっていました。

その方法は、何らかのライトを使う今の方式とは違い、「絶縁針」あるいは「プローブ」という針を毛穴に突き刺し、電気反応を起こして毛根を死滅させる、というもの。

針には絶縁加工がされているので、メラニン色素に反応するライトとは違って、毛穴そのものには影響を与えません。
直接毛根に熱を加えるために破壊の度合いが大きく、脱毛効果はレーザー光よりも高いと言われています。

そのために背中脱毛においても効果は抜群で、確実に脱毛ができます。

ただ大きなデメリットは、針を突き刺すという方法なので、どうしても痛みが激しくなるということ。

また施術に手間がかかるため、脱毛完了までに相当な日数と施術料が必要となります。それらの欠点をわかった上でこの方式を選べば、他の方法よりも高い脱毛効果が得られます。

以上、3つの方法を紹介しました。

このうち、最も料金が安いのがS.S.C.方式です。自分の毛の質(細いか太いか)を考え、脱毛の効果が簡単に上がりそうなら、S.S.C.方式での施術を選ぶのがベストでしょう。

ただ確実に脱毛効果を上げたいと思ったら、美容電気脱毛がオススメとなります。

背中脱毛についてのQ&A

背中脱毛を受ける時に気になることをまとめてみました。

Q.施術後、かゆみが生じると聞いたけど?

確かに施術を受けると一時的に肌が乾いてしまうので、部位にかゆみが生じることがあります。

かゆみを予防するには、施術後にローションを塗るなど、アフターケアをキッチリやってくれるサロンや医療クリニックを選ぶことが肝心です(サロンの場合はほとんどの店舗で保湿ケアに気をつけているようです)。

施術を終えて帰宅してからも、保湿ケアは忘れてはいけません。背中の保湿ケアはなかなか難しいのですが、手の届く範囲でクリームなどを塗って頑張りましょう。

Q.硬毛化が起こりやすいって本当ですか?

硬毛化というのは、本来細い毛が、腕や脚の毛のように濃くなる現象を指します。施術の時に毛乳頭が受ける損傷が、ムダ毛の成長を促進するのではないかと一応言われていますが、科学的にはまだそのメカニズムは解明されていません。

毛が濃くなるというのは嫌なことですが、一時的にそうなっても、脱毛マシンを替えるなどして施術を続行すれば、他の細い毛と同じように処理できます。

Q.背中にできたニキビが治っていくって本当?

脱毛を完了すれば、確かに背中にできたニキビが治っていくようです。

これはなぜかというと、毛穴周辺の炎症や皮脂詰まりが改善されるからです。

背中にニキビができてしまうのは、肌の表面近くの毛穴の角質が分厚くなったり、皮脂がつまったりするからです。脱毛が終わるとムダ毛がないために毛穴が締まってくるので、周辺のトラブルも減ってニキビが生じにくくなります。

ただ、気をつけなければならないのは、施術直後。肌が乾燥し、皮脂の分泌量が一時的に増えてしまいます。
そうなるとニキビも出来やすくなるため、施術後は化粧水やクリームでしっかりと保湿するようにして下さい。

Q.施術前日にシェービングが必要?

施術前日には脱毛する部位を電気シェーバーで剃る必要がありますが、背中ではなかなか難しいでしょう。

サロンやクリニックによってはサービスで剃ってくれるところもあります。

たとえばキレイモだと、うなじ、背中、ヒップ、Oラインの4つはスタッフにシェービングの補助を頼めます。

月額料金プランだと、その料金は一律1,000円。複数をシェービングしても、その値段は同じです。

またパックプランの場合は、シェービングはすべて無料でやってもらえます。

いかがだったでしょうか? 背中脱毛に関するベーシックな情報を色々と紹介してみました。

夏場になると海水浴に行く機会もあり、背中を人前にさらすことが多くなります。
脱毛をして見苦しいムダ毛を処理し、他人が見ても恥ずかしくない肌をゲットしましょう。

いま大人気となっているVIO脱毛について紹介します

現在、脱毛はちょっとしたブーム状態になっています。

以前、脱毛というのは、毛穴一本一本に針を突き刺して電気を流す方式が一般的でした。これは時間がかかるため、どうしてもその費用も高額になります。
そのせいで「脱毛など一部の裕福な人間がやるもの」というイメージがついていました。

それがレーザー技術を応用した脱毛マシンの登場で状況が一変。
施術が簡素化されたせいで対応できる客の数が増え、料金が大幅にディスカウントされました。

おかげで「脱毛してもらおう」と考える人が多くなり、脱毛人口は一気に増加。現在、脱毛に特化したサロンや医療クリニックが毎月のように新規オープンしています。

それにつれて、施術できる部位も以前に比べてはるかに多くなりました。脱毛といえばワキや足が主流だったのですが、現在では顔、腕はもちろん、VIO部分が施術希望の人気パーツとなっています。

これを聞いて「え、VIOって何?」という人ももちろんいるでしょう。

そんな人のために、このページではその詳細を紹介し、あわせて脱毛全般についての情報も解説してみることにしました。

VIO脱毛とは一体なに?

VIOというのは、一言でいえばデリケートゾーンのこと。V、I、Oそれぞれが——

・Vライン(両足の付け根部分。ビキニライン)
・Iライン(女性器の両側)
・Oライン(お尻の奥)

をあらわします。

つまり「VIO脱毛」というのは、いわゆるアンダーヘアーの脱毛というわけです。

脱毛に全く興味のない人は「そんなところをわざわざサロンやクリニックで処理してもらうの?」と思われるかもしれませんが、実はワキに続いて、脱毛したいパーツの第2位となっています。

それほど人気を呼んでいるVIO脱毛ですが、次のようなメリットがあります——

・生理中の蒸れやニオイが減少する
・毛先による肌のチクチクやかゆみがなくなる
・露出度の高い水着や下着を着られる

また、自己処理する必要がなくなることも大きなメリットのひとつ。

実はカミソリや毛抜きなどで毛を剃ったり抜いたりしていると、どうしても刺激のせいで肌のメラニンが活性化し、デリケートゾーンが黒みを帯びてきます。

しかしVIO脱毛することによって自己処理の必要がなくなり、美しい肌になってくるのです。

Vラインのデザインについて

VIOのうち、Vラインは特に人気を集めている部位です。アンケートでも「処理を希望する部位」としてよく上位にランキングされます。

Vラインを脱毛する場合、全くの無毛状態にする人は少なく、一部だけを処理することが多いようです。その時問題になるのが、「どんな形にヘアーを残すのか」ということ。

その定番とされているデザインは以下の通りです——

・逆三角形

最もポピュラーなデザイン。処理したことで生じがちな、不自然さがありません。

・オーバル型

別名「楕円型」。丸みがあり、女性らしい可愛らしさがアピールできます。

・Iライン型

ほとんどの部分を処理するため、露出度の高い水着や下着をつける時に向いています。縦のラインの強調で、足が長く見えるというメリットも。

・Uライン型

丸みをもたせていて、逆三角形の次に自然な感じになっています。

・スクエア型

「Iラインはちょっと大胆過ぎる」という人がよく指定しているようです。ただ「いかにも処理した」という感じがあるので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、もし医療クリニックで施術する時はくれぐれも慎重にデザインを決めましょう。
一旦処理してしまうと数年、あるいは永久にそのままになりますから、適当に決めるとあとで後悔することになります。

Oライン脱毛について

VラインとIラインはサロンやクリニックでのアンケートでも「処理してもらいたい部位」としてよくランキング上位にきます。鏡を使えば自分でも様子がよく見られる、ということが関係しているのでしょうか。

ところが、Oラインは自分で見る機会が少ない部位。「特にヘアーを脱毛する必要はないのでは?」と決めてしまい、施術する人が少ないようです。

ただ、肛門周りのヘアーを脱毛すると、ニオイやムレの不快感を軽くできるので衛生的です。

また、彼氏や旦那さんとのエッチの時も体位次第でOラインのヘアーが目立ってきますので、脱毛しておく方が男性側に不快感を与えないですみます。

サロンやクリニックで実際に脱毛してもらう際は、スタッフが用意した紙パンツをはきます。
それをスタッフがずらし、指でお尻を広げながら、IPLやレーザー光を照射していくわけです。

店舗や医院によって体勢は異なりますが、「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかが多いようです。後者の方が恥ずかしさの点ではマシなので、スタッフに「うつ伏せで」とリクエストするといいでしょう。

施術そのものは大体10分〜15分しかかかりません。施術中は恥ずかしくても我慢しましょう。また、繰り返し施術を受けるうちに、見られることにも段々慣れてきます。

少しの施術だけで肛門周りが衛生的になりますから、ぜひOライン脱毛を受けてみて下さい。

脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?

VIO脱毛をしてもらうなら、サロンと医療クリニックのどちらかに足を運ぶ必要がありますが、この両者は施術に用いるマシンが違います。

現在、大抵のサロンが使っているのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

IPLというのは、intense pulsed lightの略で、肌に有害な紫外線をカットした特別なライト。黒いメラニン色素に反応する性質を持っています。

ムダ毛の生えた肌に当てると、奥に隠れた毛乳頭、皮脂腺開口部などに反応し、熱エネルギーに変化。発毛組織に大きな損傷を与え、ムダ毛を生えなくしてくれます。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどの種類がありますが、どれも脱毛の原理はIPLと変わりません。毛根に含まれたメラニン色素にレーザーが反応し、高熱を生み出すことで組織を破壊。脱毛効果を発揮します。

IPLとレーザー光の相違というのは、波長、およびパルス幅。それが照射パワーの差をもたらしています。

威力が大きいのはレーザーの方です。照射を数回に渡って継続することで毛根組織は徹底的に破壊され、ツルツルの肌が半永久的に続きます。
毛根を破壊することは医療行為とみなされるので、施術は医師免許を持っている人間だけしかできません。

効果は高いのですが、その分肌へのダメージも大きく、激しい痛みを感じる、といわれています。

IPLの方では照射威力が抑えられているだけに肌への影響は軽微で、痛みもレーザー光ほどではありません。その代りに脱毛完了に至る時間がどうしても長くなり、照射回数も多くなってしまいます。

またIPLの場合、毛根の組織はただ弱体化するだけなので、脱毛完了から数年くらいで再びアンダーヘアーが生えてしまうことになります。

もし脱毛効果をなるべく長く持続したいなら、医療クリニックでレーザー脱毛をするようにしましょう。

VIO脱毛の料金はいくらぐらいなのか?

VIO脱毛というのは、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

実は一言で脱毛といっても色々なやり方があります。

たとえば、サロンでIPL脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛にするのか。減毛程度でいいのか、完全にツルツルにしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいはあくまで料金が安いほうがいいのか。

それらのケースによって、ベストな料金にもまた幅が出てきます。

ここではいくつかのケースについてそれぞれの料金を紹介してみます(なお、以下に出てくるのはVIOの3つをすべて脱毛するプランです)。

まず、サロンでIPL脱毛をする場合です。

VIO脱毛で定評のあるサロンの料金は以下のようになっています——

減毛程度に抑えるケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回あたりの料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回あたりの料金は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回あたりの料金は8,640円)

完全にツルツルにするケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回あたりの料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回あたりの料金は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回あたりの料金は9,180円)

続いて医療クリニックでレーザー脱毛をする場合。

やはり定評のあるクリニックの料金をまとめてみます——

減毛程度に抑えるケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回あたりの料金は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回あたりの料金は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回あたりの料金は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回あたりの料金は18,540円)

完全にツルツルにするケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回あたりの料金は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回あたりの料金は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、VIO脱毛に関しては医療クリニックの方がリーズナブルで、とりわけ湘南美容外科の安さが目立ちます。

もしVIO脱毛をする場合は、とりあえず湘南美容外科を選べば間違いないでしょう。

施術後は肌への刺激を避けること

脱毛の施術では毛の周辺の肌組織が軽いやけどを負います。そのためにバリア機能が一時的に衰え、非常に刺激に弱い状態におちいります。

このため、日頃から肌トラブルを起こしやすい人は、赤み、かゆみ、炎症などが生じやすくなります。

サロンやクリニックへ出かける時の服装は別にどういうものでも構わないのですが、施術後に起こりがちな肌トラブルを避けるためには、なるべく肌へ刺激が少ない、ゆったりとしたものを選ぶべきです。

さらに、「化学繊維ではなく、天然素材の生地にする」「通気性を高める」「日焼けを防ぐため、露出度の高い服はやめる」など、術後の肌をガードする工夫をしましょう。

脱毛の後、肌がザラザラするのはなぜか?

サロンやクリニックで施術してもらった後、その部分の肌ざわりがザラザラになることがあります。

その原因に関しては色々と考えられますが、1番妥当とされているのが、「施術時の照射パワーが高い」こと。

サロンではキセノンランプを使ったIPL、医療クリニックではレーザー光を用いますが、ムダ毛に照射するとメラニン色素を含有した毛根部分が高熱に包まれます。

この時、毛根部分だけがダメージを受けるといいのですが、何しろメラニンに反応した光が熱エネルギーに変化するために、どうしても毛穴やその周辺の皮膚にも熱が伝わってしまいます。

そうなると、当然角質層に含まれていた水分もどんどん蒸発してしまい、表皮は乾燥状態に。
それがさらに進むと肌がザラザラになるのです。

気をつける必要があるのは、症状の悪化。ザラザラになった肌は本来備わっているバリア機能が衰えているため、ちょっとした刺激でもすぐに肌トラブルが起こります。

赤み、かゆみ、むくみ程度ならまだマシなのですが、かゆみのある部位をひどくかいたりすると、傷のついた肌の内部に雑菌が入り込むことになり、毛嚢炎といった厄介な症状を引き起こしかねません。

毛嚢炎は肌の表面だけの炎症であれば1週間くらいで簡単に治りますが、毛穴の深い部分まで症状が進むとオデキそっくりになり、かゆみや痛みがひどくなります。

さらに症状が慢性化すると炎症の範囲が拡大し、完治したとしても醜い傷跡が残ることがあります。

そんな事態を回避するためにも、施術のあとはクリームやローションを塗るなどして保湿に努め、刺激に弱い肌をいたわるようにして下さい。

以上、VIO脱毛、そして脱毛一般に関して初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もしご覧になった方の中に「デリケートゾーンを自己処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛を試してみることをオススメします。上述したようにカミソリや毛抜きによるムダ毛処理は肌への負担が大きく、色素沈着などの肌トラブルの一因となります。脱毛によって自己処理とおさらばし、美しいデリケートゾーンを保ちましょう。

ムダ毛の自己処理はやめて足脱毛をしよう

若い時にしかできないことのひとつが、露出度の高いオシャレです。
特に10代から20代にかけては、みずみずしさのある足を見せびらかしたい、という女の子も多いでしょう。

キレイな足というのは男性だけでなく女性も思わず視線を向けてしまいます。ただ見せびらかすのはいいのですが、気をつけなければならないのがムダ毛の存在です。

キレイに処理していないとみっともないですし、目を留めた人からも「だらしがない」と思われがち。

そんな恥ずかしい目にあわないためにしっかりと自己処理をしている人も多いでしょうが、カミソリや毛抜き、あるいは除毛クリームというのは肌への負担が大きく、せっかくのキレイな足に黒ずみなどを生じさせる可能性があります。

キレイにするためにやっているのに、肌にダメージを及ぼしては本末転倒です。

「トラブルの多い自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックで脱毛しようかな……」

そう思ってしまう女性も少なくないでしょう。

でも脱毛の初心者にとって、契約した上でわざわざ脱毛に通うというのは、他人が思う以上に不安に感じるものです。

「どれくらいの期間通い続ける必要があるの?」
「施術は何回受けなければならないの?」
「痛みが強いっていうけど、なんとかならない?」
「料金は全部でいくらくらい?」

これらの疑問が障害となって結局サロンやクリニックには行けず、相変わらず肌に刺激の強い自己処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、足脱毛の特徴、料金、痛みの有無、そしてオススメのサロンやクリニックなどについて紹介し、初心者の疑問に答えてみることにしました。

このページの情報が、脱毛を考えている女性の助けになれば幸いです。

足脱毛の詳細と料金について

「足脱毛」といっても、サロンや医療クリニックでは足を数箇所のパーツに分けて施術するというのが普通です。

そのため、足全体を脱毛したいという場合は「足全セットコース」といったパックプランを選ぶか、「ひざ下、足の甲、太もも」といった風にパーツを組み合わせることになります。

ではそのパーツにはどんな種類があるのかというと、サロンやクリニックによって多少違いがあります。

ただほとんどのところでは——

「ひざ上」
「ひざ下」
「ひざ」
「足の甲」
「足指」

と5箇所に分けているようです。

このうち、最も施術希望者が多いのが「ひざ下」です。

ひざ下は季節を問わず、スカートをはいたときに露出することが多い部分ですからこれは当然でしょう。また、ひざ下の施術ではくるぶしも脱毛してくれるので、ワイドパンツ、アンクルパンツなどを着用するときにも安心です。

気になる足脱毛の料金ですが、サロンやクリニックによって大きな違いがあります。

サロンを例に取ると、ひざ下だけの施術なら8回前後で約3〜5万円、太ももから足指までの脱毛8回で約10〜15万円くらいです。

足というのは脱毛箇所として面積が広いため、ワキ、顔などのパーツと比べるとどうしても値段が割高となってしまいます。

実はサロンでは、全身脱毛に関しては大幅なディスカウントをおこなうのが通例です。ですから、足単独よりも全身脱毛コースを利用して施術した方がお得な場合もあります。

その点は、ホームページでサロンや医療クリニックの情報を読んで判断して下さい。

脱毛効果はいつごろ実感できるの?

脱毛効果というのは何回ぐらい施術に通えば実感できるのか、気になるところです。

実はサロンとクリニックでは違ってきますので、別々に解説してみましょう。

サロンの場合

脱毛したいと思った時、気軽に出かけられるのがサロンです。有名エステが経営している店も多く、キャンペーンを利用すればかなりお得な価格で足脱毛ができます。

サロンにおける足脱毛ですが、まず1回だけの施術では、ムダ毛が生えにくくなるといった効果は感じられません。

サロンでメインとなっている脱毛方法は、主にIPLというレーザー系の光を用いたもの。毛が生え変わるサイクル(毛周期)に合わせて繰り返し施術することにより、段々と足のムダ毛が生えにくくなったり細くなったりといった効果があらわれます。

「少し毛が薄くなってきた」と実感するためには、最低でも3回は施術を受けなければなりません。

それにはどれくらいかかるかというと、大抵のサロンでは施術と施術の間は2ヶ月ほどです。つまり、3回目の施術をおこなうまでには、半年くらい必要ということになります。

医療クリニックの場合

足脱毛は、医療クリニックでもおこなうことができます。

こちらで施術に使われるのはレーザー光。サロンで使われるIPLよりも照射威力が強く、より少ない施術回数で脱毛効果を発揮します。

そのため、クリニックで施術を受けた人の中には、たった1回で効果を実感する人もいます。

つまり早く脱毛したい人にとってはサロンよりもクリニックがいいわけですが、ただデメリットもあります。

それは施術中の痛みが強いこと。

クリニックによっては施術に麻酔を用いる場合もあり、痛みに弱い人は通うのがイヤになるかもしれません。

ただ、クリニックは効果が早いだけでなく、術後数年経過しても毛が生えにくいと言われていて、脱毛効果を長引かせたいという人にも向いています。

痛みがどれくらいか知りたい場合は、足以外の狭い部位を脱毛してみるのもいいかもしれません。

足脱毛の完了まではどのくらいかかる?

効果があらわれる時期については上述しましたが、では自己処理が要らない状態になるにはどの程度かかるのでしょうか?

サロンの場合

サロンにおける足脱毛の終了は、目安として施術8回〜12回だと言われています。

施術は普通2ヶ月に1度ですから、およそ2年もの期間が必要となります。

しかし、もともと足の毛が太かったり、毛根自体の再生力が強い場合、上記の回数では効果が上がらないこともあるようです。そのようなケースでは、施術回数は14〜18回に及んでしまいます。

気をつけてほしいのは、足全体の脱毛を1万円前後で行うとうたっているサロンです。

こういった店は、施術回数に制限が設けられていて、大抵3回程度となっています。この回数では脱毛効果がほとんどあがらないため、追加で施術しなければなりません。そうなると1万円のつもりが、結果的にはるかに高い金額になってしまいます。

サロンで足脱毛をおこなう際は、自分はどの箇所を中心に施術したいのか、自己処理が不要となるには何回の施術が必要なのか、初回のカウンセリングなどでスタッフに確認を取りましょう。

なるべくなら複数のサロンの情報をネットなどでチェックし、事前の下調べをみっちりおこなっておくことが肝心です。

クリニックの場合

サロンよりも効果が早く出ると言われるクリニックですが、それでも自己処理が要らないレベルに達するには、ある程度の施術回数が必要です。

平均的な回数をチェックしてみると、 大体5回から6回。

こちらもサロン同様、もとから足のムダ毛が多い、毛が太いといった人は施術回数が8〜10回に及び、通う期間も1年を超えることになります。

しかし、上記のサロンのケースと比べると、期間も施術回数もおよそ半分ですみます。忙しいからなるべく効果的に脱毛したいという場合は、サロンよりもクリニックがおすすめです。

ただ上述したようにクリニックは痛みがひどい上、料金が高いというデメリットがあります。

自分の体質、それに料金と効果のバランスを考えた上で、サロンにするかクリニックにするかを決めて下さい。

足脱毛によってブツブツの毛穴がケアできる?

ムダ毛の自己処理を続けていると、足の表面に黒いブツブツがあらわれる場合があります。

これは自己処理によって肌のコンディションが悪化している証拠です。

自己処理に最もよく使われるのはカミソリですが、繰り返し肌に当てることにより表皮が傷ついてしまい、それを回復しようと新しい皮が再生されます。

それがうまくいけばいいのですが、運悪くそのせいで毛穴がふさがってしまうことがあります。

そうなると、ムダ毛が成長していっても表面に出られません。埋没毛といって皮の中にとどまり、外側からは黒いブツブツに見えるのです。

また、カミソリによるムダ毛の処理は、おこなう度にどうしても角質層にダメージが残り、最終的にはいわゆるカミソリ負けになって、毛穴が赤いブツブツとなって目立つことになります。

プロの手による脱毛なら、肌への刺激がほとんどないため、このような肌トラブルは起こりません。また、すでに足にブツブツが生じている場合でも、施術によって自己処理の回数はガクンと減るので、自然と治癒されていきます。

さらにサロンやクリニックによっては、術後のトリートメントに力を入れているところもあります。これによりムダ毛処理と同時に皮膚に潤いが与えられ、治癒効果も高まります。

自己処理をやめたこととこの保湿ケアのダブル効果により、施術前の足より肌の状態はキレイになるでしょう。

大抵の店や医院では肌トラブルについての相談も受け付けているので、気になることはスタッフや医師にどんどん訊ねてみましょう。

おすすめのサロンとクリニック

ひざ下、ひざ上といった足の部位は、ワキの次に施術希望の多い部位。サロン、クリニックともお得なプランを用意しています。

ジェイエステティック

なるべく格安で足を脱毛したいなら、ジェイエステティックが1番のオススメ。

創業は1979年。業界でもかなりの老舗で、店舗数も現在100を超えています。知名度の点では、脱毛ラボ、銀座カラー、ミュゼ等にはかないませんが、実はメリットの多いサロンです。

足の場合、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」の4つから好きな部位を選んで脱毛できます。

また足ではありませんが、両ワキも12回までは無料で施術が受けられます。

全体的に通常コースの料金が他社よりリーズナブルで、回数ごとにアップしていく割引率の高さも大きなメリットです。

さらに肌トリートメントにも力を入れているので、術後の乾いた肌もしっかりとケアしてくれます。

まずはお試しコースを体験した後、気に入ったら契約してみるといいでしょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックの大きな特徴は、クリニックとは思えないほど料金がリーズナブルだということ。足全体コースの費用は5回92,900円で、大抵のサロンよりも安くなっています。

しかもライトシェアデュエット、メディオスターNexTという、2種類の脱毛機を使用。

クリニックは脱毛効果が高いのですが、施術時の痛みが大きなデメリット。しかし、アリシアクリニックで使われるこれらの脱毛機は、極力痛みを抑えるようにできています。

「クリニックに行きたいけど、痛みが心配で……」という人も、アリシアクリニックなら安心です。

足脱毛についてのQ&A

Q.施術の時はどんな服装で行けばいい?

これはサロンやクリニックによって異なります。ガウンが用意してあり、それに着替えて施術してもらうところでは、どんな服装で行っても問題はありません。

そのままの服装で施術するサロンやクリニックの場合は、ズボンやスカートを脱いでショーツだけになり、照射部位以外はバスタオルで覆いながら施術します。

照射前に専用ジェルを塗る方式のところでは、ジェルがショーツにつくことがあります。
紙ショーツが用意されていない場合、替えのショーツを持参すると安心です。

Q.色素沈着している部位も施術できる?

4つのサロンと2つのクリニックに訊きましたが、ほとんどのところは「色素沈着がある場合は施術できない」という回答でした。

施術に使われる光やレーザーはメラニン色素に反応して高熱に変わります。そのため、黒い傷あと、タトゥー、アートメイクなどは火傷が生じる危険性があるからです。

ただ、リゼクリニックについては、看護師が目で見て判断し、危険性がなさそうなら脱毛するということです。

Q.乾燥がひどい部位は施術できる?

同じように各有名サロン、クリニックに問い合わせましたが、乾燥がひどい部分に関しては施術することができません。

乾燥した状態で光を照射すると、深刻な肌トラブルが生じやすくなるからです。

また傷がある場合も、症状が悪化することがあるので脱毛できないとのことでした。

以上、足脱毛について色々と情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べたように、ムダ毛の自己処理というのは肌によくありません。
美肌を獲得、あるいは維持するためにも、お気に入りのサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してみて下さい。

サロンや医療クリニックで腕脱毛をしよう

腕は顔に次いで露出する機会が多く、人目につきやすいパーツです。
体の部位の中でも自分で処理しやすいところだけに、「ムダ毛の自己処理を欠かさない」という女性も多いでしょう。

ただ、カミソリや毛抜き、あるいは除毛クリームを使った自己処理は、手軽におこなえる代わりにデメリットも少なくありません。

そこでオススメしたいのがサロンや医療クリニックでの脱毛です。

最近は技術の進歩もあって、脱毛の値段が下がっています。そのせいでちょっとしたブームとなり、思い切って施術を受ける女性が増えています。

ただサロンや脱毛専門のクリニックに行ったことのない女性にとっては、脱毛について曖昧なイメージしか持っていないかもしれません。

そこで、このページでは美肌を保ちながらムダ毛処理のできる、腕脱毛のメリットを紹介してみます。

腕脱毛にはどういうメリットがあるの?

プロの手による腕脱毛には、以下のような2つのメリットがあります。

1つ目は当然のことですが、ツルツルしたムダ毛のない肌を得られること。

腕は露出度が高いため、他人の視線を浴びやすい部位です。ムダ毛の存在も気になりますが、脱毛をすれば毛だらけの状態から解放され、恥ずかしい思いとはおさらばです。腕の露出も堂々とできるようになります。

そして2つ目のメリットは、自己処理の必要がなくなるということ。

脱毛の施術が完了すれば、新しいムダ毛は当分生えてきません。当然、自己処理の必要もないので、これまでムダ毛のお手入れにかけていた時間が余ることになります。

自己処理の場合、多い人では毎日剃ったり抜いたりしている、というケースもあります。
脱毛でその手間がいらなくなれば、余った時間を肌のお手入れや他のことに使えます。

また、カミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームによる自己処理は肌への刺激が強く、続けることで肌トラブルが生じやすくなるというデメリットもあります。

黒ずみや埋没毛などで肌のコンディションを悪化させないという意味でも、脱毛で自己処理を不要にすることには大きなメリットがあるわけです。

脱毛の費用について

腕脱毛を決心したのはいいのですが、気にかかるのはその予算です。たとえ月謝制を選ぶとしても、最終的にはいくらくらい料金がかかるのでしょうか?

公式サイトで20店舗を元に調べてみたところ、サロンでは、

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

となりました。

一方、医療クリニックの場合、

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となっています。

つまり、医療クリニックで施術を受けると、サロンの倍近くの費用がかかるわけです。

これだけ見るとサロンの方がいいようですが、クリニックにも高いだけの価値があります。

下でサロンとクリニックのメリットとデメリットを述べているので参考にして下さい。

脱毛方法について

現在、サロンとクリニックでメインとなっている脱毛方法には2つあります。それが、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛です。

フラッシュ脱毛(光脱毛)は、主にサロンで行われているもの。黒いメラニン色素に反応する特殊な光(フラッシュ)を肌に直接照射し、毛根に高熱のダメージを及ぼすことで脱毛します。

レーザーと比較すると威力が弱く、脱毛の効果は穏やかです。
施術完了までに時間はかかりますが費用は安く、肌に刺激が少ない、というメリットがあります。

一方、レーザー脱毛はクリニックだけでおこなっている方法。使われるレーザーは強力で、毛根細胞を完全に破壊することができます。そのため、フラッシュ脱毛と違って、永久脱毛も可能になっています。

痛みを感じやすいというデメリットはあるのですが、短期間で脱毛が完了するのは魅力的です。

腕脱毛が完了するまでの回数、及び期間

脱毛の施術は、毛の生えかわるサイクル(毛周期)に合わせてスケジュールを組む必要があります。これは脱毛サロンでも医療クリニックでも同じです。

脱毛できるのは、毛周期の中の成長期と呼ばれる時期だけ。これに合わせて、施術は2ヶ月〜3ヶ月に1回というペースになります。

ほぼ自己処理の必要がなくなるまでの照射回数・期間は、以下の通りです——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

腕のムダ毛は細くて色の薄いものが多いために効果が出にくく、他の部位より回数が増えてしまいます。

より早く終わらせたいなら医療クリニックの方がいいのですが、それでも完了までに1年はかかってしまいます。

サロンとクリニックではどちらがいい?

脱毛するなら、サロンとクリニックのどちらがいいのでしょうか?

サロンとクリニック、それぞれにメリット・デメリットがあるため、はっきりどちらがいいとは言えません。個人個人の条件によって異なります。

サロンのメリットはクリニックよりも料金が安いこと。ですから脱毛費用をリーズナブルにすませたい人に向いています。

また効果が穏やかなので肌への刺激も少なく、「痛いのはイヤ」という人にもピッタリです。

一方、早く結果を出したい人にはクリニックが向いています。

料金はサロンより高いのですが、徹底的に脱毛できるために結果には満足が出来ますし、完了までの期間も短くなります。

またクリニックは医療機関ということで麻酔ができます。絶対に痛みを避けたいという人もクリニックを選ぶメリットがあるといえるでしょう。

また、毛の量によっても選択肢が異なります。
毛が濃い場合はより確実なクリニックの方がベターですし、毛が薄いならサロンでも十分な効果が得られるでしょう。

1回の処理にはどれだけ時間がかかるのか?

ヒジ下やヒジ上だけを脱毛する場合

腕は形状がシンプルなので、他の部位よりも時間は短め。腕の一部だけを処理する場合、1回にかかる時間は30分くらいです。

連射ができるマシンを備えたサロンなら、15分程度で完了することもあります。

腕全体を施術する場合

腕全体を施術する場合、ヒジも含まれますが、この部位は肌が柔らかく、形も球状のために照射面を細かく動かす必要があります。さらに面積が大きいためにどうしても時間がかかります。

1回の施術にかかる時間は、50分から1時間というところでしょう。

これは連射式のマシンでも事情は同じ。
やはり1時間弱と見ておくべきです。

腕脱毛するなら月額プランがいい?

腕は照射範囲が他の部位よりも広いので、脱毛が完了するまで日数がかかりやすいと言われています。

また各人によって毛の質や量も違うため、脱毛完了までに必要とされる回数もバラつきがあります。

ということで、もし回数制のセットプランを選ぶと結局追加施術を受ける羽目になって、予想以上に費用がかかることが少なくありません。

特に「自分は毛の量が多い」と感じている人は、回数制はやめて、月額制の方を選びましょう。
最初は「高い」と感じるかもしれませんが、その方が結果的にお得、というケースが多いのです。

幸い、最近は完全月額制を売りにしているサロンも多くなっています。そういったサロンなら、自分の納得のいくまで通いつめることができます。

また、いつでもやめたい時に施術をやめられるのも完全月額制の大きなメリット。サロン通いをやめた後は料金を払う必要がありません。

ちなみに分割払いを「月額制」と称しているズルいサロンもありますので、その点は気をつけて下さい。

脱毛するなら「通い放題」がおすすめ

上述したように腕脱毛をおこなう場合、脱毛が終わるまでにサロンなら12回以上、クリニックなら5回は施術が必要といわれています。

これはムダ毛に「毛周期」と呼ばれる成長サイクルがあり、それに合わせて脱毛する必要があるためです。

サロンの光脱毛もクリニックのレーザー脱毛も、「成長期」にあるムダ毛にしか効果がありません。
腕の場合だと、成長期にある毛は全体の20%くらいです。

ということで、施術では毛が生え変わる2ヶ月置きに照射を繰り返していきます。そうすることでようやくすべてのムダ毛に光を当てられるわけです。

しかし、脱毛が終わったからといって毛が一生伸びてこないとは限りません。

実は脱毛サロンの光脱毛は毛根にダメージを与えるだけなので、得られるのは減毛効果にしかすぎないのです。

そのため脱毛終了後、しばらく時間が経つとまた毛が生える可能性があります。

それではクリニックのレーザー脱毛はどうかというと、こちらも「永久脱毛」と称されてはいるものの、100%生えてこない保証はありません。

「永久脱毛」というのは、米国電気脱毛協会の定義では『脱毛後、1ヶ月経った時の毛の再生率が20%以下』とされています。つまり、あくまで確率の問題であり、永久に毛が生えてこない脱毛方法ではないのです。

ということで、脱毛をおこなう時は、施術終了後のケアも非常に重要です。

なるべくなら通い放題プランを選ぶのがベスト。
これなら一度契約すれば、サロンやクリニックが営業している限りずっと通い続けられます。

また、5年などの長期保証のあるプランもいいでしょう。

サロンやクリニックでの施術は決して安いものではありません。せっかく施術してもらうのですから、脱毛効果がなるべく長く続くプランを選んで下さい。

脱毛を早く終わらせるためのポイント

脱毛を完了させるためには、クリニックなら最低1年、サロンの場合は2年以上の期間が必要です。できるだけ効率的に脱毛を終わらせるためにも、以下の3つのポイントに気をつけましょう。

予約の入れやすいサロン・クリニックに通う

早く脱毛を終えるためには、毛周期にマッチしたタイミングで施術してもらうことが大切です。

サロンやクリニックの予約がうまく入れられず、施術のタイミングを逸してしまうと、短い期間で脱毛を完了するのが難しくなってしまいます。

サロンやクリニックを選ぶときは、予約がどれだけ取りやすいか、という点に注目してみましょう。

通いやすいサロンやクリニックを選ぶ

交通の便が悪く、自宅、勤務先から通いにくいサロンやクリニックを選ぶと、長期間通い続けるのが大変。ついつい施術もサボりがちになります。

脱毛は完了させるのが大事なので、なるべく通いやすい場所にあるサロンやクリニックを選んでください。

普段から健康的な生活を送る

「そんなこと当たり前」と思われるかもしれませんが、日頃から健康的な生活を心がけることも大切なポイントです。

体全体の健康と肌の調子は密接な関係があります。脱毛の施術は熱を伴うため、肌が異常に乾燥したりしていると施術が受けられません。

施術のためにも、睡眠と栄養バランスの良い食事を十分に取り、適度な運動を行いましょう。

健康管理に努めることで、脱毛も早く終了します。

オススメのサロンとクリニック

腕脱毛で評価の高いサロンやクリニックを紹介します。

まずはサロンから——

銀座カラー

「予約が取りやすい」「脱毛の効果に大満足」など、ネットでも評判になっている脱毛サロンです。

全身脱毛コースはもちろん、単独の部位でも通い放題プランがあるのが何と言っても大きな特徴。

上記の通り、腕は脱毛完了までに時間がかかる場合が多いので、通い放題プランを選べるのは魅力です。

レイビス

レイビスは脱毛業界でも老舗。また完全月額制を取っているので、やめたくなったらいつでもやめられるのがメリットです。

選べるパーツの数にしたがってコースが3つあり、4ヶ所なら月額わずか2,980円。施術料金も格安。

脱毛の完了時期には個人差が大きいのですが、ここなら自分の都合のいいように融通が利きます。

ミュゼ

北海道から沖縄まで、全国で170を越える店舗数を誇るミュゼ。格安キャンペーンでも有名で、脱毛初心者でも利用しやすくなっています。

SSC脱毛という方式を導入していて、他のサロンより痛みが軽減されているのも大きな特徴です。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

「腕脱毛セット」が用意されていてお得。さらに、クリニックでは珍しく通い放題プランもあります。

湘南美容クリニック

全国に分院があるのが特徴で、地方在住の方に最もおすすめできます。

リゼクリニック

アフターケアがとにかく充実しています。お得な腕セットがあり、腕脱毛したい人には最適。

以上、腕脱毛について、詳細な情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

このページを参考にしながら、ぜひ1度腕脱毛の施術を受けてみて下さい。
脱毛によって自己処理のトラブルから解放され、美しい肌が維持できるはずです。

顔脱毛を考えている女性に

顔は身体の部位の中でも、一番人目にさらされているところです。一日中露出していて目立つだけに、肌のケアにも気をつかいます。

ところが毛が濃い体質だと、顔にも盛んに産毛が生えてきます。

「唇の上に産毛が伸びていて、それがどことなくヒゲに見えてしまう。自己処理を続けているけどその手間が面倒くさい」

そういう女性も多いはずです。

また、産毛が生えていると化粧のノリも悪くなりますから、美容に気をつけている人にとってはひたすら邪魔でしかありません。

そんな女性の中には、サロンで顔脱毛してもらおうという人もいます。

少し前の顔脱毛はキャンペーンなどの対象外というケースが多く、その料金も割高でした。
ところが、最近の脱毛ブームのおかげで費用もかなり下がり、手軽に利用できるようになっています。

ただ、未経験者にとってサロンに通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の詳細や注意点について紹介してみることにしました。

脱毛の施術とはどういうものか

まず、実際の脱毛の施術について述べておきましょう。

少し前は脱毛というと「ニードル脱毛」が一般的で、毛穴に電気針を刺すという作業が必要でした。

これはかなりの痛みを伴います。そのため、「脱毛は痛い」というイメージを抱く人が増えた、と言われています。

現在ではもっと技術が進み、特殊な光を使った脱毛が一般的になっています。

サロンで最もよく使用されている方式が「IPL脱毛」です。これはインテンスパルスライトという特殊な光を肌に直接照射するもの。

このIPLは元々エステサロンで美肌ケアのために使われていたもので、赤ら顔、ニキビ痕、毛穴の引き締め、くすみの改善に効果があります。

これはサロンの機器にも引き継がれていますから、IPL脱毛の施術を受けることで肌のコンディションも改善されていきます。

ただ、近年ではIPL以外の方式を採用するサロンも増えています。それぞれ特徴が違いますから、なるべく自分の体質に合ったところを選ぶようにしましょう。

サロンによって施術できる箇所は違う

サロンで顔脱毛を行なう場合に気をつけたいのは、サロンによって施術可能な部位が違う、という点。

アンケートによると、特に産毛処理の需要が高いのは、鼻の下、眉間、アゴの3つということですが、これも店によってできるところとできないところがあります。

例えば、業界でも人気のある店の場合——

ディオーネ……頬、ひたい、顎、鼻下、鼻

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

というふうに可能部位が限定されています。

ということで、「顔脱毛可能」とうたってあっても希望の箇所が施術できるかは詳しくチェックしないと分かりません。

店舗を訪れたのに施術できないと言われると無駄足になりますので、必ずホームページなどで可能部位を確認しておくようにしましょう。

脱毛にかかる費用ってどれくらい?

顔脱毛してもらう場合、1番の不安はその料金でしょう。

全国展開をしているサロン計20社のデータから、平均料金を計算してみたところ、「41,033円」という結果が出ました。

これを高いとみるのか、安いとみるのかは、どれだけ顔を脱毛したいか、という気持ちによって変わってくるでしょう。

ちなみに顔脱毛してくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも可能です。

こちらも平均価格を出してみると「131,325円」となりました。

他の部位では結果が違うのですが、顔脱毛に関しては、クリニックの方が3倍以上。
サロンよりもずっと費用が高くなっています。

ただクリニックのメリットは、サロンでは不可能な永久脱毛ができること。値段と効果の両方を考慮しながら、自分に合ったところを選ぶべきでしょう。

最初に「お試しコース」を体験するのがオススメ

最近はサロンも顧客獲得にしのぎを削っていて、色々なキャンペーンを毎月のように実施しています。

初心者向けにお試しコースを設けているところも多く、以前よりも脱毛のハードルは確実に低くなっているようです。

サロンの初心者は、そのお試しコースで施術を体験してみましょう。

もちろん、最初から回数の多いプランを契約するのもいいのですが、どんなデメリットがあるかわからないので、やはりお試しからスタートする方が無難です。

申し込みですが、直接店舗に電話をするより、公式サイトから手続きをする方が色々な特典があるようです。ですから、興味のあるサロンのサイトをまず調べ、気に入ったらそこから申し込むようにして下さい。

その後の手順ですが、まず申込み時に決めた日にサロンに出かけます。

この時、必ず受けなければならないのが、カウンセリング。これはどのサロンでも無料で行っています。

具体的には、料金プランの確認、脱毛方法・肌の状態についての説明が行なわれます。よい機会なので、

「脱毛完了までに何回施術すればいいのか」
「使っている脱毛機器はどの方式のものか」
「永久脱毛が可能なのか」

など、こちらから質問しましょう。

これで初日は終了です。あとは予約を取って施術してもらうことになります。

施術では

「対応は合格点か」
「痛みはひどいか」
「術後に肌トラブルは生じないか」

などのポイントをチェックしましょう。

これで満足したら本コースを申し込むことになりますし、満足できなかったら終了。またサイトで他の店をチェックし、再び体験コースを受けにいくことになります。

現在脱毛サロンは大変数が増えているので、いずれは自分に合ったところに出会えるはずです。

オススメのサロン

顔脱毛で人気を博している店を2つ紹介してみます。

まず推薦したいのが、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美など、人気タレントを使ったCMでおなじみのキレイモです。

キャンペーン期間中だと、全身脱毛(顔を含む)が初月だけ無料。

さらにありがたいのは、他店だと施術の可能範囲がかなり限られているのに、キレイモだと広範囲に渡って顔の施術が可能だということ。

施術によって美肌効果も期待できるので、美肌をゲットしたい女性には一石二鳥。

次にオススメなのは、ジェイエステティック。

「フェイス6」というプランなら、1回の費用はわずか2,500円。「なるべく安価に顔脱毛を体験したい」という女性にうってつけです。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、光照射でダメージを受けやすい肌をしっかりと守ってくれます。

「顔脱毛をやりたいけど、どのサロンにしようか迷っている……」。そんな人は、ぜひこの2店の情報をチェックしてみて下さい。

以上で顔脱毛についてメインとなる情報を紹介しました。

以下、脱毛に関する細かい疑問点や注意すべきポイントを述べていきましょう。

歯医者に通っていても施術は可能?

脱毛は短期間では完了しないのが普通です。サロンやクリニックに数ヶ月から数年に渡って通わなければならないので、その期間に歯の治療をする機会もあるかもしれません。

顔脱毛をしていると、IPLなどを顔に照射するわけですから、歯の治療が施術に影響を及ぼすかどうか心配になります。

実際にサロンに聞いてみると、普通の虫歯治療なら脱毛そのものは問題なく可能、とのこと。

ただ気をつけなければならないのは、歯医者からもらった痛み止めを摂取している場合です。

実はそれらの薬には、「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

この症状が生じると、普段なら何の問題もない光の照射で、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが起こってしまいます。

痛み止めにはこの症状を誘引する成分が含まれる可能性もあるため、摂取していると施術を受けることができません。

症状が悪化すると危ないので、痛み止めを飲んでいる場合は必ず申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯の痛みというのは、光のために激しくなる可能性もあります。そのため、痛みがひどい時は、口周りの施術はストップし、先に他の部位をやってもらうようにしましょう。

また、歯列矯正のために歯科医院に通っているという人もいると思います。この場合、光が矯正器具に当たると熱が発生するケースがあるので、施術はできません。

ただ最近では器具がプラスチックやセラミックでできていることもあるので、それなら施術可能。

このように色々なパターンが考えられますので、必ず施術前にスタッフに相談して下さい。

ニキビがあると施術は受けられない?

脱毛は健康に影響を及ぼすこともあるので、施術については色々と制限があります。

例えば肌が乾燥していると施術そのものが不可というケースが多いですし、客が施術前に自己処理をしても、剃り残しがあるとその部分の施術は不可能です。

このようにせっかく予約を入れても、条件を満たしていないためにその日は施術してもらえない、という場合は多いのです。

では、ニキビがあるとどうなるのでしょうか?

調べてみると、ほとんどのサロンで施術をしてもらえるようです。

というのも、サロンで使用されているIPL脱毛機というのは、もともとエステで毛穴の引き締めやくすみ・シミの軽減などに用いられていたもの。ですから、肌に対して悪影響は及ぼさず、かえってケア効果があります。

IPLが脱毛効果を発揮するのは、メラニン色素に反応することで高熱のエネルギーが発生し、毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織にダメージを与えるから。つまり、ニキビやニキビ跡くらいの色の薄い部位ならIPLも強く反応せず、高熱を起こすということもありません。

ただあまりに炎症が進んでいる場合は、毛根で発生した高熱がニキビへも悪影響を及ぼす可能性があります。その時は、ニキビを避けて光を照射することになるでしょう。

スムーズに施術するためにも、ニキビはしっかりケアし、悪化させないようにして下さい。

施術するとシミやそばかすができるって本当?

現在、脱毛サロンでメインになっている脱毛法は、IPLなどの特殊な光を照射するというもの。

「そんな光を肌に当てるとシミやそばかすができてしまうのでは?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

確かに、太陽の光を浴びるとそこに含まれる紫外線のせいでメラニン色素が沈着し、シミやそばかすができます。脱毛サロンの光も強烈なので、同じように肌に悪影響を及ぼすのではないか、と思われがちです。

しかし、上述したようにもともとIPL脱毛機というのは、顔のシミ・くすみの軽減や、毛穴の引き締めのためにエステで用いられていたもの。決して、肌に対して害を及ぼすものではなく、かえって美肌状態をもたらしてくれます。

では、ネットで「顔脱毛してもらったら、シミやそばかすができた」という口コミが時々投稿されているのは、なぜなのでしょうか?

これには、理由がいくつか考えられます。

まず、元々隠れていたシミがターンオーバーのサイクルで肌に現れてきた、というもの。

施術を受けると新陳代謝が促進され、皮膚の奥に潜んでいたシミが表面に出てくることがあります。

ただほとんどは一時的なもの。さらにターンオーバーが進むことによって消えてしまいます。

あと、乾燥のせいで敏感になっている肌へ小さな傷がつき、それが痕になって残ってしまうことがあります。これをシミだと錯覚してしまうのです。

こんな事態を避けるためには保湿をしっかりするなど、施術後のケアが重要。

いずれにせよ、施術によって直接生じるものではないので、安心してサロンに通って下さい。

サロンに行くとき、化粧はどうすれば?

サロンの未経験者にとって不安のひとつが、

「顔脱毛を受けに行く時、化粧していても大丈夫なのか?」

ということ——。

素顔でも問題のない10代の学生ならともかく、いつもキッチリとメイクを行う女性にとって、職場や自宅から店に着くまでずっと化粧なしでいるのは結構キツいことです。

結論から先に述べてしまうと、メイクしてサロンに出かけて問題ありません。

脱毛サロンには専用のブースが設けてあることが多く、そこでメイクを落とすことが可能です。またサロンによっては、スタッフの人がサービスとして施術前にメイクを落としてくれるところまであります。

ただ、いくらサロンでメイクを落とせるからといっても、あまりに念入りにメイクをしていくと、オフするだけで時間がムダになります。

普段よりもメイクは薄めにし、余裕を持って施術してもらうようにしましょう。

以上、顔脱毛の情報とその疑問点について詳しく説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に好みのサロンを見つけ、顔脱毛をおこなってみて下さい。肌のコンディションもきっとよくなっていくはずです。

ワキ脱毛をしてみたい

ワキ脱毛をしてみたいけど何だか不安……

暑い季節になると、開放的な服を着る機会が増えてきます。肌の露出も多くなるわけですが、女性が1番気になるのがワキに生えたムダ毛でしょう。

特にノースリーブを着たときは要注意。
ワキ毛の処理が甘いと、無防備に腕を上げた時に他人にバッチリ見られてしまい、恥ずかしい思いをすることになります。

ただ、ワキ毛の処理というのは結構面倒なものです。カミソリを使う場合は毎日剃らないとすぐに黒いブツブツが目立ってきますし、部位的に毛抜を使うのは痛みを伴い、かなり大変。

それにそれらの自己処理というのは肌トラブルがつきもの。埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などが生じ、かえってワキのコンディションが悪くなってしまいます。

「いっそのことサロンに通って脱毛しようか……」

そう考えている女性も多いでしょう。でも経験のない人にとって、脱毛の施術というのは中々ハードルが高いものです。

「何回くらい通わないといけないの?」
「痛みはどれくらい?」
「最終的にいくらくらいかかるの?」

これらの疑問を抱えたまま、結局、脱毛サロンへ行かずに悩んでいる、という人も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛の料金やその効果について詳しく説明し、そんな人の悩みを解決してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛で悩んでいる人の助けになれば幸いです。

脱毛ってどんなもの?

具体的な情報をお伝えする前に、まず、「そもそも脱毛とはどういうものか?」ということを説明しましょう。

誤解されやすいのですが、サロンや医療クリニックで行う脱毛というのは、単に毛を抜くという行為ではありません。毛を抜くだけなら、自宅で毛抜を使えば行えてしまいますから、わざわざ高いお金を出してサロンなどに通うメリットはないのです。

では、プロの手による脱毛というのはどんなものでしょうか?

サロンや医療クリニックでの脱毛においてターゲットとなるのは、実はムダ毛そのものではなく、毛が生えている毛根部分。現在では、IPLやレーザーなどの光をムダ毛が生えている肌に照射することで、毛根部分にアプローチする方法をとっています。

具体的にいうと、IPLやレーザーというのはメラニン色素にだけ反応する性質を備えています。ムダ毛が生えた肌に照射すると、毛の奥にある毛根部分で熱エネルギーへと変化し、毛乳頭、毛母細胞といった組織に大きなダメージを与えます。このことで発毛機能を損ない、毛が生えないようにするわけです。

最近では脱毛がちょっとしたブームとなり、顔、ビキニラインなど様々な部位の脱毛が流行っています。

その中でもワキ脱毛は、脱毛初心者の大部分が最初に施術を受ける部位。

やはり、ワキというのは露出の機会が多いだけに、「ムダ毛処理をするならまずここ」と思う女性が多いのでしょう。需要が極めて高く、夏場だけでなく、年間を通してポピュラーな脱毛箇所となっています。

また、ワキには汗腺が集っている部位でもあります。そのために他の部位よりも老廃物が溜まりやすく、黒ずみやブツブツなどの肌荒れになったり、まれに埋没毛(埋もれ毛)や毛のう炎といったトラブルを引き起こすことがあります。

肌のコンデションを整えるためにも、ワキ毛の自己処理はできるだけ止め、脱毛処理をしてもらう方が得策です。

ワキ脱毛の施術回数・料金・痛みについて

以上の説明でワキ脱毛のメリットが理解できたと思います。

「そんなメリットがあるなら、さっそくサロンに通いたい」という人もいるでしょうが、実勢に施術を受けるとなると、以下の点が気になると思います——

・施術の回数はどれくらいか?
・料金は全部でいくらかかる?
・施術時の痛みはあるのか?

これらの疑問についてお答えしていきましょう。

まず施術回数についてですが、実は脱毛というのはその完了までに意外に長い期間がかかります。

特にワキ毛は太くまとまって生えていて、毛根が他の部位よりも深いところにあるため、顔や脚などよりも多くの施術が必要となります。

店舗によって差はありますが、サロンの場合、12回から18回ほどで完了というのが普通です。

次に料金ですが、これはサロンによって様々。

ただ、ワキ脱毛に関しては、ミュゼというサロンがおすすめです。

というのも、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選ぶと、驚くべきことにわずか100円で施術が受けられるからです。

他店ではこれだけリーズナブルに脱毛してくれることはありません。なるべく安価に脱毛してみたい人には最適といえるサロンです。

また、ミュゼのメリットは料金にとどまりません。実は、施術時の痛みについても対応しており、他のサロンがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を導入しています。

上でも述べましたが、IPL方式で使われるインテンスパルスライトというのはメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わります。肌に照射するとメラニン色素を含んだ毛根部分が高熱に包まれるのですが、その熱が周りの皮膚にも伝わるため、どうしても痛みが生じてしまうのです。

SSC方式というのはそのIPL方式のデメリットを解消するために開発されたシステム。

IPLではキセノンランプでインテンスパルスライトを照射しますが、SSC方式ではクリプトンライトを使用します。キセノンランプの場合はそれだけで脱毛効果がありますが、クリプトンライトは毛根には直接の影響を与えません。

ではどうやって発毛を阻害するのかというと、施術前に専用のジェルを塗ります。

この上からクリプトンライトを照射することで毛根の機能が弱まり、毛が生えなくなるのです。

最大のメリットは、ジェルと組み合わせることで光そのもののパワーは弱くても問題ないことです。
これで肌へのダメージもほとんどなく、痛みも感じません。

このように痛みの軽減という点でも、SSC方式を採用しているミュゼはおすすめです。

ワキ脱毛で失敗しないためには?

ミュゼをおすすめしましたが、近くに店舗がない場合は他のサロンを選ぶことになります。

脱毛サロンの数は年々増えており、その競争も非常に盛んです。
雑誌の広告はもちろん、テレビでのコマーシャルを流しているチェーン店もあり、初心者はどれを選べばいいか目移りしてしまいます。

料金に関しても色々なキャンペーンを行っているのですが、その設定が複雑で、パッと見ただけではどれがいいのか判断がつかないでしょう。

そこでサロン選びの際、ぜひとも注意すべき点をいくつか上げてみましょう。

施術可能回数が6回以下のサロンは避けるべき

脱毛に関してはまだまだ誤解が多く、サロンで光を1回肌に照射すればその部位のムダ毛はずっと生えてこなくなる、と思っている人もいるようです。

実は、施術を1回してもらっただけでは、脱毛の効果というのは実感できません。確かに一旦はツルツルの無毛状態になるかもしれませんが、しばらく時間が経つとまた新しい毛が生えてくるのです。

毛が半永久的に生えないようにするためには、長い日数をかけて光を何度も照射しなければなりません。

しかもワキのように太いムダ毛がまとまって生えている場合、上に記したように12回から18回ほどの施術がどうしても必要です。

ですから「リーズナブルだから」という理由で回数の少ない契約を行っている場合、脱毛が完了せずに追加料金が発生し、結局は高くつくというケースが少なくありません。

安いプランに釣られず、何回でも施術可能なサロンを選ぶようにしましょう。

返金制度や施術期限に注意

ワキ脱毛を完了するには、脱毛サロンの場合、最低でも3年間という期間が必要となります。

サロンに一旦通い始めても、「効果に不満がある」「スタッフの態度が良くない」「妊娠したので施術が受けられない」などの理由で、契約を解約したいこともあるでしょう。

その場合、少ししか施術してもらっていないのに半額以上の料金を取られる、ということが多いのですが、中には1年以内ならば全額返金してくれるという店もあります。

もし施術を中断する可能性のある人は、契約条件についてスタッフの人に詳しく聞いておきましょう。

また、サロンによっては施術期間に制限が設けられていることがあります。施術を受けられる期限がいつまでなのか、きっちりとチェックすることが肝心です。

ワキ脱毛は他の部位より長い期間が必要なので、なるべく無期限のところを選ぶべきです。

施術後の保湿ケアをしっかり行ってくれるサロンを選ぶ

ワキはムダ毛をなくすことも大事ですが、それだけでは不十分。黒ずみやブツブツといった肌トラブルも改善していきたい部位です。

脱毛サロンの中には、施術後の肌をケアする保湿サービスを行っているところもあります。

こうしたサロンなら美肌効果に期待できるので一石二鳥。

また、施術後というのは毛穴が熱を持つため、どうしても肌が乾燥しがちです。
トラブルにつながりがちな乾燥をしっかりとケアしてくれるサービスは、美しさを保つためには欠かせないといえます。

脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?

ワキ脱毛をする場合、サロンだけでなく医療クリニックでも施術を受けることができます。

ではこの2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

脱毛サロンで施術に使用されるのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)。そしてクリニックの場合、レーザー脱毛が主流となっています。

2つとも原理そのものは変わりません。メラニン色素に反応する特殊な光を肌に当て、毛根部分に熱エネルギーを加えます。
そのことで組織にダメージを与え、発毛を阻害してしまうのです。

ではどういうところに差があるのかというと、毛根や毛包に損傷を与えるパワー。

レーザーの光は波長が長く、毛根部分にしっかり届きます。そのため、毛根の組織は完全に破壊され、ムダ毛が永久に生えてこないことが多いのです。

それだけレーザーは強力なので、免許を取得した医療クリニックでないと施術は不可能です。

また、脱毛完了までの回数に関しても、パワーの弱いフラッシュ脱毛は10回以上かかりますが、レーザー脱毛の場合は上手くいけば5回くらいですみます。

もしなるべく短い期間で脱毛を終えたい場合、医療クリニックでの施術を選ぶべきです。

ワキ脱毛の料金はなぜ安いの?

ミュゼの例で分かる通り、初心者にとって値段が安いということもあり、最初の脱毛にワキを選ぶ人が多いようです。

ではなぜワキ脱毛の料金は安いのでしょうか?

これはまず元々ワキという部位が狭く、面積によって料金を決めているサロンとしても、安くで施術できるパーツだということがあります。

そして次に”戦略”的な点も見逃せません。ワキというのはやはり需要が高いため、「その料金を値引きすることで多くの顧客を呼び込める」とサロン側が考えているからです。

いずれにしても、ワキ脱毛というのはリーズナブル。
そのサロンの脱毛の技術を知るためにももってこいの部位です。

ワキ脱毛が完了しても効果に満足できない場合は?

結果に満足できない場合、さらに施術を続けることもできますが、そうなると追加料金が馬鹿になりません。

サロンに通うなら、最初に12回以上のプランを契約しましょう。度々述べたようにワキは他の部位よりも脱毛に手間がかかります。平均して10回以上の施術が必要なので、初めからそのつもりで契約した方が得です。

また、別のサロンで改めて施術を受けるという方法もありますが、これだとまたカウンセリングを受け直す必要があるのでおすすめしません。

とにかく施術の回数や期間は多めに見ておいた方がいいでしょう。なるべく施術回数に制限のないサロンに通うことがベストです。

ワキ脱毛によって汗が増える?

最後にワキ脱毛が完了した後のことについて、述べてみます。

実はネットの口コミに「ワキ毛脱毛をしてからワキにかく汗の量が増えた」という投稿が多く見られます。

これは本当なのでしょうか?

答えを先にいうと、そんなことはありません。

ではなぜ汗の量が増えた、と勘違いするかというと、それまで汗をせき止めていたワキ毛がなくなり、肌が汗の流れを直接触れる機会が増えるからです。

これは単なる慣れの問題で、汗の量は脱毛前と変わりません。
そのうち、汗が流れる感覚も当たり前になり、違和感もなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 様々な観点からワキ脱毛の疑問点やサロンの選び方について説明してみました。

以上述べてきたことを参考に、ぜひともワキ脱毛にトライしてみて下さい。
人目が気にならなくなるばかりでなく、肌のコンデションもきっと良くなるはずです。

脱毛後に起こりがちな毛嚢炎

現在の主流

脱毛後に起こりがちな毛嚢炎(もうのうえん)とは?

サロンや医療クリニックで脱毛処理をする際は、専用の機器を使います。

これらの機器には色々な種類がありますが、現在主流となっているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザーといった、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使うもの。これらの光を毛穴に照射して、高熱のエネルギーで毛の根元の組織を破壊。そのことで脱毛効果を得るわけです。

高熱が生じるためにどうしても毛穴やその周辺が軽い火傷のような状態になり、肌が乾燥してしまいます。

乾燥状態になると肌は本来備えているバリア機能を低下させがちとなり、赤み、かゆみ、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだいいのですが、かゆみの箇所をかきむしったりすると菌が弱った肌の内部に入り込むことになり、肌トラブルの悪化につながりかねません。

特によくある症状が毛嚢炎というものです。

これはデリケートな状態になった毛穴に細菌が入って炎症が起き、膿が生じたもの。見た目が赤くてブツブツしているので、よくニキビと勘違いされます。

炎症が肌の表面だけならば、痛みやかゆみなどは感じません。そのまま放置しておいても、1週間程度で完治してしまいます。

しかし毛穴の深い部分に感染が及ぶと、ふくらみが巨大化しておできそっくりになり、痛みやかゆみが生じるケースもあります。

症状がひどい場合は慢性化し、毛嚢炎の発症を繰り返すこともあるので注意が必要です。慢性化すると炎症の範囲が拡がり、完治しても傷跡が肌に残ることがあります。

そんなことにならないためにも、施術のあとは激しい運動や入浴を避け、弱った肌をいたわるようにしましょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンに行く時は化粧はNG?

化粧はNG

脱毛サロンに行く時は化粧はNG?

産毛が多いと化粧のノリも悪くなります。
また唇の上に生えている産毛は何となくヒゲに似ているため、鏡でそれを見るたびに気分が落ち込む、という女性もいるようです。

そんな人の中には、サロンへ行って顔脱毛してもらおうという方もいます。

以前は、顔脱毛はキャンペーンなどの対象外というケースが多く、その費用がどうしても割高でした。ところが、最近は脱毛ブームになったせいで料金も下がり、気軽に検討できるようになっています。

実際に顔脱毛をするとなると、手順としてはまず「行くサロンを決めて契約をすます」。次に「予約を取って施術に出かける」ということになります。

ここでちょっと頭を悩ますのが、「顔に施術してもらうわけだから、サロンに行く時はすっぴんでいなければならないのでは?」ということ——。

化粧などほとんどしない10代の学生ならともかく、普段からメイクを念入りに行う女性にとって、自宅や職場からサロンやエステへ着くまでずっとすっぴんでいるのはかなりつらいことです。

結論から先にいうと、メイクしていってもオーケーです。基本的に、顔脱毛前に化粧していても施術を断られることなどありません。

というのも、脱毛サロンには専用のブースが設けてあり、そこで顔のメイクを落とすことができるからです。またサロンによっては、スタッフの人がわざわざ施術前にメイクを落としてくれるところまであります。

ただ、いくらお店で化粧を落とせるからといっても、あまりにガッツリとメイクをしていくのはどうかと思います。

普段より薄めの化粧にとどめ、施術時間に余裕が持てるようにしましょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛期間中に毛抜きを使ってもいいの?

毛抜きを使う

脱毛期間中に毛抜きを使ってもいいの?

サロンや医療クリニックで脱毛処理が完全に終わるまでにはどうしても時間がかかります。

確かに1〜2回施術してもらうと一旦はその部位の毛が抜け落ちるのですが、すぐにまた生えてきてしまうのです。これを半永久的に生えないようにするには、繰り返し施術して、すべての毛根の組織を破壊してもらう必要があります。

その期間は最低でも数ヶ月に及ぶため、生えてきたムダ毛に関しては自己処理をするということになりますが、その処理の方法には注意しなければなりません。

例えば女性には「毛抜きを使っている」という人が多いようですが、これは厳禁。

無理やり毛を抜くと、毛穴や皮膚はダメージを受けます。

そのダメージを回復させるため、毛穴はその表面に薄い膜状のものを生成するのですが、この膜が邪魔になり、成長期になって生えてきた毛が表皮の上に出てこれなくなります。

こうなるとその毛は「埋没毛」となってしまい、そのせいで毛穴に炎症が起こる場合もあります。

それ以上に困るのが、あまりにも濃い埋没毛に関しては、脱毛の施術を断られる可能性があること。

濃い埋没毛にはサロンで使われているIPL(インテンス・パルス・ライト)やクリニックのレーザーでも効果がなく、せっかく施術に通っていてもそこだけ手付かずに終わってしまいます。

そんなことにならないためにも、毛抜きだけは絶対に使わないようにしましょう。

じゃあ何で自己処理をすればいいの、ということになりますが、推奨されているのは電気シェーバー。
これなら肌への刺激も最小限ですみ、埋没毛も起こりにくくなります。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロン ラココ

注目の脱毛サロン

注目の脱毛サロン・ラココについて

ここ数年、ちょっとした脱毛ブームということもあって、サロンの数が急増しています。
そんな中、特に注目を浴びているのが「ラココ」です。

ラココの最大の特徴は、経営母体となっているのが長年脱毛器を製造してきたメーカーだという点。
最新のSHR式脱毛器「ルミクス」を導入し、他のサロンと比べてもリーズナブルな価格で脱毛をおこなってくれます。

では、SHR方式とはどういうものなのでしょうか?

現在の脱毛サロンで主に使われているのはIPL方式ですが、これはインテンスパルスライトという光を直接肌に照射し、毛根部分のメラニン色素に反応させて高い熱を生じさせるというもの。毛乳頭や毛母細胞といった組織がその高熱で弱体化し、毛が生えにくくなるわけです。

一方、SHR方式というのは毛根全体をターゲットにしません。「毛包」という、毛を包んでいる部位に弱い熱を与え続ける「蓄熱式」です。
高熱によって発毛を阻害するIPL脱毛とは根本的に原理が異なっています。

IPLを照射する場合はメラニン色素に反応するため、色の黒い人や日焼けしている人には施術ができませんでしたが、SHR方式なら肌や毛の色に関わりなく脱毛できます。

また、IPLだと効果があるのは成長期にあるムダ毛だけです。そのために施術に日数がかかったのですが、SHR方式の場合は毛のサイクルを考慮する必要がないため、比較的短い日数で脱毛が完了します。

短い日数で脱毛ができるわけですから、当然回転も良くなり、料金も下がります。顔・VIOを含む全身脱毛が69,000円(5回)。これだけの低価格というのは、他の有名サロンでもめったにありません。

さらにSHR方式のメリットは、施術時に痛みをほとんど感じないということ。
「脱毛したいけど痛いのはイヤ」という人には最適のサロンといえます。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ