脱毛したらできものができやすいの?

注意点

施術後は毛嚢炎にならないように注意

以前、脱毛といえば痛いものというイメージがありました。
それは施術に「ニードル脱毛」と呼ばれる方法を使っていたせいです。

これは毛穴に針を突き刺し、そこに電気を通して発毛を阻害するというもの。痛みが激しく、施術には相当の忍耐力が必要でした。

しかし今では痛みが少ない特殊な機器が採用されていて、以前よりはるかに施術が楽になっています。

現在主流となっている機器は、メラニン色素に反応する特殊な光を使うもの。
これらの光を毛穴に当て、高熱によって毛根部分の組織を損傷。そのことで脱毛の効果を得るわけです。

ただ、毛根が高熱に包まれるために毛穴やその周辺にもその熱が伝わり、肌がどうしても乾燥してしまいます。

乾燥状態におちいると肌は本来持っているバリア機能を失いがちとなり、かゆみ、赤み、むくみが生じやすくなります。

その上、もしかゆみの部位をかきむしったりすると弱った肌の内部に菌が入り込むことになり、症状がさらに悪化してしまいます。

この時、よくある症状のひとつが「毛嚢炎」というものです。

これは弱った毛穴に細菌が入り込んで炎症が起き、膿が生じたもの。ぷつぷつと赤い斑点ができるので、よくニキビと間違われます。

炎症が軽い時は、かゆみや痛みなどは感じません。そのまま放っておいても、1週間くらいで完治してしまいます。

しかし感染が毛穴の深い部分に達すると、ふくらみが大きくなっておできそっくりになり、かゆみや痛みが生じる場合もあります。

症状がひどいと慢性化してしまい、菌が入るたびに毛嚢炎の発症を何度も起こすことになります。そうなると炎症範囲が拡がって、完治しても傷跡が残ることがあるので注意が必要です。

そんな事態にならないためにも、施術のあとは入浴や激しい運動を避け、弱った肌をしっかりケアするようにしましょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ