医療脱毛クリニックの選び方

昔は「ぜいたくだ」と思われていた脱毛も、美容意識の向上と料金の値下げもあって、すっかり一般的なものになりました。電車やホームの広告、有名タレントを起用したテレビのコマーシャルなどを見て、「自分も試しに施術してもらおうか」と思う人もいるでしょう。

いざ脱毛してもらうとなったら、サロンか医療クリニックのどちらかに通うことになります。サロンの方が店舗数が多いので、以前はそちらを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットを知る人が増え、その利用者も増加中です。

そこでこのページでは、脱毛初心者のために医療クリニックについて紹介することにしました。
その特徴やそのメリット・デメリット、選ぶときのポイントなどについて、以下のセクションで詳しく述べていきます。

医療脱毛とはどんなもの?

医療脱毛とはどんなもの?

上で述べたように、プロの手で脱毛してもらうにはサロンか医療クリニックに行く必要があります。どちらも特別な機械を使ってムダ毛処理をしてくれる点は同じなのですが、違っているところもずいぶんあります。

では、サロンとは違う医療クリニックの特徴とは、どういうものなのでしょう?

1)レーザー脱毛をおこなう

まず最大の特徴ですが、医療クリニックではレーザーライトを用いて脱毛をおこないます。このレーザー脱毛というのは、ハーバード大学のアンダーソン教授が発表した「選択的光熱凝固理論」により開発された技術で、脱毛の世界に革命を起こしました。

それまでの脱毛というのは主にプローブと呼ばれる針を使ったもので、美容電気脱毛(ニードル脱毛)と呼ばれていました。
これは150年近く前、米国で逆さまつ毛を脱毛するのに使われたのが始まりで、毛穴にプローブを直接刺し、電気を流して毛根部位を死滅させます。

この方法は確かに脱毛効果は抜群なのですが、なにしろ1本1本を手作業で処理するために時間がかかり、その分施術料金も高くなってしまいます。
しかも施術時の痛みというのが相当なもので、「脱毛とは痛いもの」というイメージがついてしまったほどです。

この状況を変えたのがレーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛というのは、単一の波長の光(レーザー)を増幅し、肌に直接照射する方法です。もともとレーザー光線は、波長の長さの違いで別々の色や物質にだけ反応する性質を持っています。つまり、青、赤、黒といった色のついた物質があれば、そこだけに集中的に熱を加え、その組織にダメージを与えることができるわけです。
医療でもこの性質を利用して様々な手術がおこなわれています。

脱毛の場合、皮下の毛に含まれる黒いメラニン色素がターゲットになるよう、波長を調整します。そのレーザーを照射すると皮下のメラニン色素に熱が吸収されます。すると、毛が伝導体となって毛包全体にその熱が伝わっていきます。
やがてその熱が広がっていくと、毛の成長をうながす毛球部の毛母細胞を死滅させることになり、発毛を防止できるのです。

メリットは、レーザーは単一の波長なのでメラニン色素だけに作用し、表皮やその周りの組織を損傷することがないという点。 おかげで肌に直接レーザー光線を照射することができ、施術がスピーディーにおこなえます。

最初はレーザー光線の種類はひとつだけでしたが、今ではアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、いくつものレーザーを照射できるマシンがそろっていて、処理する部位や個人個人の毛の質に合わせて選べるようになっています。

2)永久脱毛が可能

脱毛というと「一度施術すれば、もうその部位からはムダ毛が生えてこなくなる」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛根というのは相当しっかりした器官で、その発毛能力は少しのダメージではビクともしません。1回レーザーを照射したくらいでは効果が薄い上に、毛には毛周期という発毛のサイクルがあるため、それに合わせて何度も照射をおこなう必要があります。そうやって数ヶ月に渡って施術を繰り返すうちに毛が細くなり、部位がツルツルになってきます。

サロンでの施術の場合、クリニックと同じように光によって脱毛を行ないますが、その破壊パワーが段違いに弱いため、発毛器官はただ弱体化するだけです。
そのために数年経つと毛根が元気になり、毛が再び伸びてきてしまいます。

その点、医療脱毛では威力の強いレーザー光線を使うため、施術された部位のムダ毛が再び生えてくる可能性は低くなっています。つまりいわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)必ず医師が施術する

上でも述べたように、サロンで使われているマシンというのは光を用いて毛根に影響を与えるものではありますが、レーザー脱毛ではありません。その光とレーザー光線を比べると、破壊力において銃弾と砲弾ほどの違いがあります。「危険性が低い」ということで、サロンではマシンを扱うのに特別の資格は不要です。

ところがレーザー脱毛の場合は毛根を破壊するほどのパワーを持っていますから、操作ミスをすると大きな事故につながりかねません。そのためマシンを扱うのは、いざという時に対処できる医師に限られています。
もちろん、火傷などへの応急処置が可能な設備も整っていますから、その点は安心です。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・医者が常駐しているために安心感がある
・施術による効果が確実で、必ず肌がツルツルになる
・脱毛完了まで通う回数がサロンに比べて少なく、期間も短い

デメリット

・サロンと比較すると料金が高い
・レーザー光線を照射された時の痛みがかなり強い
・「美容クリニック」という名前がついた医院だと、「整形に通っている」と勘違いされる

医療クリニックと脱毛サロンはどんなところが違うのか?

上のセクションで、少しだけクリニックとサロンの違いについて触れましたが、ここでさらにいくつかの違いをまとめておきます——

料金

脱毛サロンは競って雑誌に広告を出していますが、そこには驚くような値下げキャンペーンが大きくうたわれています。それで分かるように、サロンのセールスポイントのひとつはその料金にあります。

一方、医療脱毛クリニックの料金はほとんどディスカウントされず、デメリットの項で書いたように決して安いとは言えません。

ここで具体的に、脱毛サロン、医療クリニックの双方について、脱毛完了までの料金の相場がいくらぐらいなのかを挙げてみましょう。

まず脱毛サロンです。チェーン展開をしている計20社の公式サイトから、部位ごとの平均料金を出してみたところ——

・全身……164,700円
・ワキ……16,833円
・顔……41,033円
・VIO……58,633円
・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円
・足(ヒザ上)……56,300円
・足(ヒザ下)……55,100円
・背中(上下)……71,600円
・うなじ……19,000円

という結果になりました。

次に医療クリニック。こちらも口コミの投稿件数の多い医院20院の平均料金を出してみると——

・全身……401,945円
・ワキ……14,825円
・顔……131,325円
・VIO……67,975円
・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円
・足(ヒザ上)……108,750円
・足(ヒザ下)……100,500円
・背中(上下)……91,917円
・うなじ……57,250円

となっています。

以上の結果で分かる通り、医療クリニックの方が脱毛サロンよりもずっと料金が高くなっています。特に顔脱毛については、クリニックで施術してもらうとサロンの3倍以上の費用となります。

効果

上の文章で述べたように、脱毛サロンと医療クリニックでは採用されている脱毛方法が異なるため、その効果にも違いがあります。

脱毛サロンの場合、現在主流になっているのは、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛は、1回の照射で広い面積のムダ毛に働きかけることができます。そのために施術がスピーディーで、しかも光のパワーが制限されているために痛みも軽微。サロンでの脱毛方法で最もポピュラーなもので、フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます。

さらに各脱毛方法によってそれぞれ特徴がありますが、サロンの場合は脱毛とは言っても、あくまで毛根を弱体化するだけの「減毛」にすぎず、ツルツルになったとしても、その状態は数年だけです。

一方、上述したように医療クリニックでは施術にレーザー光線が使われています。

レーザー光線には、アレキサンドラライト、ダイオード、YAGといったようにいくつかの種類があり、各自違った波長をもっていますが、いずれもその威力はサロンとは比べ物になりません。

確実に脱毛したいなら、やはりクリニックで施術を受けるべきです。

保証

保証に関しては、脱毛サロンと医療脱毛クリニックでの違いというのはさほどありません。

満足がいくまで何年間も施術に通うことができる「永久保証」、有効期限を決まった日数だけ延長できる「期間保証」、コース解約の際に残りの料金を返してくれる「返金保証」などは、サロン、クリニックの両方でおこなわれています。

ただ店舗や医院によってその条件や保証の数が違いますので、あらかじめ公式サイトなどをチェックしておくことが肝心です。

その他

サロンと医療クリニックの違いで意外に見落とされがちなのが、支店(支院)の数です。

「それが重要なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは毛周期に合わせた施術をおこなうため、完了までの期間がどうしても長くなります。
つまり、最低でも数ヶ月、さらに全身脱毛のようなプランになると、数年は店や医院に通うことになります。

それほどの期間になると、通う側の生活環境に変化が起こることもあります。引っ越しなどがそうですが、遠くへ転宅するとなると、今まで通っていたサロンやクリニックの支店・支院がなく、これまでに払った契約料や施術料が全く無駄になる可能性があります。

全身脱毛ともなると前払いの料金が10万円を越えることなど当たり前ですから、引っ越しによってそれをドブに捨てることになりかねません。

サロンの場合、名前の知られたところは北海道から九州沖縄まで支店を持っていることが多く、どこに引っ越していっても施術を続けられます。
ところが医療クリニックの場合はそれほどの規模のところはごくまれで、支院数は人口密集地域にほんの数院というケースが多いようです。

その点を考慮すれば、仕事の関係で転居が多い人など、どこにでも支店のあるサロンの方がいいかもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時に気をつけたいポイント

医療脱毛との違い

料金がリーズナブルか?

脱毛する際、やはり1番チェックしたいのは料金です。

医療クリニックは一般的にサロンより高めなのですが、たとえばTVコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」などは初回の部分脱毛が安くなっていて、両脇を6回施術してもらってもわずか1,000円です。

その他にも特別な格安料金を設けているクリニックがあるので、ぜひチェックしてみてください。

施術時の痛みが少ないか?

医療クリニックのデメリットのひとつが施術時の痛みです。

最近ではそれをカバーしようと新機軸のマシンを導入しているクリニックもあり、「レジーナクリニック」では冷却しながら施術してもらえる「ジェントルレーズプロ」を使っています。

これなら痛みがかなり軽減できます。また麻酔も無料でかけてもらえるので、痛み対策は万全といえるでしょう。

支院の数が多いか?

そのクリニックがどれだけの支院を設けているかは意外と大事です。

それだけの信頼も寄せられますし、数キロ圏内に支院がいくつかあると、予約の取りやすさが違ってきます。

また「リゼクリニック」などは全国の支院数が多く、引っ越ししてもそのまま契約を活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関する情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか。

脱毛初心者にとっては、料金やその堅苦しいイメージもあって、サロンよりもクリニックの方が敷居が高いでしょう。でも、脱毛効果を考えるなら、クリニックのメリットというのは捨てがたいものです。

どうか以上の情報を参考に、自分にふさわしいクリニックを選んでください。