脱毛の後遺症

安全性について

クリニックのレーザー脱毛の安全性は?

現在脱毛の施術では、光を使うのが主流となっています。

サロンにおいては同じ光脱毛といっても、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つの方式があります。
いずれも黒いメラニン色素に反応する光を肌に直接照射。その光は毛根部分で熱エネルギーに変化します。
高熱によって毛乳頭や毛母細胞、あるいは皮脂腺開口部といった組織を弱体化し、脱毛効果をあげる、という仕組みです。

一方、医療クリニックでは、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどのレーザー光を使用。サロンと同じ理屈で、レーザーを黒いメラニン色素に反応させて毛根部位の組織を破壊。発毛を阻害します。

パワーの強いのは圧倒的にレーザー。毛根が完全に破壊され、毛が再生する確率はかなり低くなります。

ただ、脱毛初心者には次のような不安を覚える人もいるようです——

「レーザーを照射すると皮膚癌になりやすいのでは?」
「内臓に悪い影響を及ぼすって聞いたけど?」
「レーザーのせいでシミが残るって本当なの?」

以上のことが事実なのか、日本医学脱毛協会に尋ねてみたところ、まず医療用のレーザーによって皮膚癌が起こることはありません。逆に皮膚癌の元になるほくろ・シミを薄くする効果もあります。

また脱毛用のレーザー光というのは、ほとんどが波長の短い可視光線で、皮膚より深いところには届きません。ですから、内臓への悪影響などあり得ないわけです。

確かに照射威力が強烈なため、時には肌に炎症が生じたり、赤み、むくみなどの症状が起こることもありますが、施術をおこなっているのは免許を持っている医師ですから、その場で最適な処置を受けることができます。

クリニックは確かに費用は高いのですが、安全面ではサロンよりも上です。安心してレーザー脱毛を受けて下さい。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ