メンズ脱毛サロンの選び方

脱毛は昔、施術の特殊さ、高い料金などのせいで「お金持ちがやるもの」というイメージがありました。その後、少し値段が下がりましたが、相変わらず「施術の時の痛みがものすごい」「カウンセリングに行っただけなのにしつこく勧誘された」などの悪い評判もあり、一般の人間の関心を惹かない美容術にとどまっていました。

ところが最近は美容意識の向上もあって事情が一変。
サロンやクリニックが急増し、女子高校生はもちろん、ローティーンの女の子までが施術に通う時代になっています。

しかもこの脱毛ブームは女性だけにとどまらず、男性をも巻き込んでいるとか……。実際、男性に特化した脱毛サロンがいくつかオープンし、結構な繁盛ぶりを見せています。

ヒゲや体毛の濃い男性などは「自分も一度脱毛にチャレンジしてみたい」と思っているでしょうが、脱毛についての知識が乏しいために二の足を踏んでいる人も多いようです。

そこでこのページでは、メンズ脱毛サロンについて特集し、色々な情報を紹介してみたいと思います。
脱毛初心者の男性は、ぜひサロン選びの参考にしてください。

光脱毛に至る脱毛の歴史

脱毛の歴史について

脱毛というと20年前までは、「毛穴に針を刺していき、そこに電気を流す」という施術シーンを思い浮かべる人が結構いました。

このイメージは実は間違っていません。
実際に21世紀を迎えるまで、サロンでは針状の器具を毛穴に挿入するという原始的ともいえる方法で、ムダ毛の処理を行っていたのです。

ここでちょっと脱毛の歴史を振り返ってみます。

古代からおこなわれていた脱毛

ムダ毛処理という行為は予想以上に古くからおこなわれていました。紀元前3000〜4000年頃の地中海沿岸や古代オリエントでは、硫黄や石灰を材料とした脱毛剤が使われていたことが、古い文献の記述で分かっています。

以後、近代に至るまで、ムダ毛処理は工夫を凝らされながら引き続きおこなわれていきますが、どれも植物などの材料を使うか、毛抜のような道具を使うだけのものばかり……。紀元前のやり方と大きく変わるものではありませんでした。

近代的な脱毛の始まり

しかし19世紀の終わりに至って、ようやくムダ毛にも科学的なアプローチがなされるようになります。
その端緒となったのが、アメリカの眼科医チャールズ・ミッチェルによる「電気分解脱毛法」の実践治療でした。

セントルイスの開業医だったミッチェルは、1869年、逆さまつ毛の除去に針状の電極を用い、毛包に含まれる水酸化ナトリウムを凝固化させることに成功します。このことで発毛機能は阻害され、逆さまつ毛が生えなくなったのです。

このことが1875年になって論文として発表されると、同じ方法を他の部位の毛に用いる医師が現れ、徐々に「電気分解脱毛法」はアメリカ全土に広がっていきます。しかし、この方法は手作業で電極を毛穴に挿入していくため、時間と手間がかかりました。

それでも一度施術すると一生毛が生えてこない確率が高いため、この方法は人気を呼び、器械となったものが改良を加えられて日本にも輸入されました。
そして20年前まで「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼ばれて脱毛方法の主流となってきたのです。

光を用いた脱毛の誕生

ところがこのニードル脱毛に取って代わる方法が考案されます。それが光の特性を利用した脱毛方法です。

この方法は、毛包に物理的なアプローチをしない、という点で画期的でした。ある種の光は、特定の色だけに反応する性質を持っています。この性質を利用し、ムダ毛に含まれているメラニン色素に光を反応させます。すると毛包は高熱に包まれ、その熱によって発毛器官が破損されてしまうのです。

この光を使った脱毛方法は、大雑把にいうと「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに分けられます。

そして大部分の脱毛サロンで使われているのが、光脱毛の方です。

光脱毛の種類

ここで光脱毛について、さらに詳しく解説してみましょう。

光脱毛のライトには色々なものが使われますが、いずれも肌に照射されると毛のメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の肌には悪い影響は及びません)。

ライトは吸収されると熱エネルギーに変化。その熱が毛根を包み込んで、発毛器官にダメージを与えるわけです。生えている毛もこの熱によって抜けてしまい、施術を重ねるごとに毛の本数が減っていき、狭い部位なら1年足らずでツルツルの状態になります。

光脱毛には現在、「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」の4種類があります。順番に紹介しましょう。

まず、IPL方式です。これはサロンで使われる最もスタンダードな脱毛方法といえるでしょう(フラッシュ脱毛とも呼ばれています)。ターゲットとするのは発毛を促進する毛乳頭とその周辺の組織で、2、3ヶ月おきに1回という頻度で照射を繰り返すうちに、徐々に脱毛効果があがっていきます。

デメリットは少々痛みがあること。ただ輪ゴムで弾いたような感じなので、耐えられないほどではありません。

続いてSSC方式。この方式の第一の特徴は使われるライトです。IPL方式ではキセノンランプを使い、インテンスパルスライトという光を照射します。そしてSSC方式では、クリプトンライトという光を使います。

キセノンランプはそれ自体に脱毛効果があるのですが、クリプトンライトは単独ではそんな効果がありません。

ではどうやって脱毛をおこなうのかというと、照射の前、肌に専用ジェルを塗ります。

その上でライトを当てると毛根部分がダメージを受け、発毛がストップするのです。

SSC方式の最大の利点は、光の出力が弱くても脱毛効果がある、という点。ジェルとの組み合わせによって効果を上げるため、高熱にする必要がありません。したがって痛みもなくなるわけです。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」は最新の脱毛方法。両方とも毛根全体ではなく、その一部であるバルジ領域をターゲットにするところが上記の方法と違うところです。

特にハイパースキン法はメラニン色素とは関係なく施術できるところがメリット。痛みもまったくないため、痛みが苦手な人に人気がある方法です。

医療脱毛との違い

医療脱毛との違い

上のセクションでは、脱毛方法の移り変わりと光脱毛の種類について説明しました。そこで述べた通り、現在では脱毛サロンのほとんどで光脱毛によって施術がおこなわれています(それはメンズ脱毛サロンでも同じことです)。

ところで、現在主流になっている脱毛方法には、上記の光脱毛に加えて、「レーザー脱毛」というものがあります。これは光脱毛とはどう違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、その名前の通り、レーザー光線を用いたムダ毛の処理方法。もともとレーザー光線は、波長の長さの違いで別々の色に反応する性質を備えています。つまり、黒、青、赤といった色のついた物質があれば、そこだけに局所的に熱を加え、その組織に損傷を与えることができるわけです。
医療でもこの性質を利用して手術がおこなわれています。

元来、光を用いた脱毛はレーザー光線が上記のような特性を持っていることから発見されたものです。サロンの光脱毛はそこから派生しました。

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、毛乳頭や毛母細胞に損傷を与えるパワーです。

レーザー光というのは、光脱毛のライトよりも波長が長く、皮膚の奥の毛根部分にしっかり届きます。そのため、発毛器官は死滅することが多く、脱毛効果が半永久的になります。

それだけレーザーの威力は強いため、医師免許を取った人でないと施術はできません。

ただレーザーによる施術は痛みが伴うことが多く、肌トラブルが起こる可能性もあります。

光脱毛のメリット&デメリット

メリット・デメリット

メリット

光脱毛の1番のメリットは、何と言っても料金が安いこと。

クリニックでのレーザー脱毛と比べると1回の施術コストが半額以下の場合もあります。

また、光脱毛のマシンを操作するのに難しい資格は必要ありません。医療レーザー脱毛の場合は医師でなければ施術ができませんが、サロンなら多くのエステティシャンが施術可能です。つまり、多くの顧客に対応できるため、予約が取りやすいということ。

クリニックの大きな難点は予約がすぐいっぱいになるところですが、光脱毛なら初めての施術が数ヶ月も先になるということもほぼありません。

次のメリットは肌に負担が少なく、施術中の痛みがほとんどないこと。そのため、肌が弱い人、また痛みに敏感な人には光脱毛がピッタリです。

レーザー脱毛は光線に威力があるために痛みも強くなります。
そのため、笑気麻酔などの軽い麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな必要はありません。

麻酔をオプションにすると追加料金がかかってしまうので、その点でも光脱毛はお得です。

そして最後のメリットですが、光脱毛にはプランが豊富なため、自分好みの施術内容にできます。

全身脱毛、部分脱毛の選択はもちろん、サロンによっては他のエステメニューと組み合わせることも可能です。

デメリット

光脱毛は「脱毛」と名付けられてはいますが、実は「抑毛」という方が正しく、施術した後、死ぬまで毛が生えてこないわけではありません。その点、クリニックの方は半永久的な脱毛が可能です。

ただ、毛が再び伸びてくるにしても、毛自体が細くなったり、再生機能が衰えたりするので、減毛の効果は十分です。

また、光脱毛だと納得できる毛量になるまでに日数がかかります。光脱毛はレーザー脱毛に比べると出力が抑えられているため、1回の施術で実感できる効果はさほどでもありません。痛みが少ないメリットはあるにしても、脱毛効果を考えるとどうしても施術回数が多くなります。メニューによっては、クリニックの2、3倍くらいサロンに通う必要が出てきます。

通う回数が多いため、レーザー脱毛よりもお金がかかることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつのデメリットに、産毛に対して効果があがりにくいことが挙げられます。

産毛はメラニン色素が少なく、光脱毛の光線は吸収されにくくなっています。光脱毛ではどうしても処理しきれない場合は、レーザー脱毛かニードル脱毛に頼らなければなりません。

サロン選びの注意点

サロン選びの注意点

料金体系は?

サロンは店舗が多いだけに、料金体系も様々です。ただ、大きく分類すると、「月額制」と「ローン」の2種類になります。

月額で定額制なら安心と思われがちですが、脱毛完了までの期間が長くなるとかえって高くなる場合もあります。

また「月額制、かつ回数無制限」だとものすごくリーズナブルな感じがしますが、どれくらいの頻度で施術してもらえるかによって価値は変わります。「1回あたり何分」なのかも確認が必要でしょう。

たとえば1回あたり10分で、施術が1週間置きだと、「1ヶ月あたり40分」が実際の脱毛時間となります。40分でどれくらいの範囲を脱毛できるかによって、高いか安いかの判断がつきます。

また、人気のあるサロンは予約が入れにくい場合が多いので、結果的に月4回も行けないことになりがち。

契約してからガッカリしないためにも、契約前にできるだけ情報をチェックしておきましょう。

希望部位の脱毛はいくらなのか確認する

サロンで「○○の脱毛はおいくら?」と質問すると、「普通は〇円で大丈夫です」などという答えが返ってくると思います。ただ女性も通っているサロンだと注意が必要です。

というのも男性だと毛が女性より太く、量もあるので、それよりも料金がかかることが多いのです。

毛質や毛の量をチェックして、なるべく正確な数字を教えてくれるサロンもあるかもしれませんが、女性より高くつくことを覚悟しておく方がいいでしょう。

「追加料金」は必要?

月額制やローンで支払う金額以外に、追加料金が必要か、しっかりチェックしておきましょう。

サロンで施術する場合、ホームケア用品を半ば強制的に購入させられる場合があります。
それもコース料金に入っているのか、確認しておくことが大事です。

延長する場合の料金はどうなっているか?

契約金額分を施術した後、まだ満足できない場合は、追加で施術を受けられます。

その際、ローンだと「最初の契約はいくら、追加の契約だといくら」と金額が決まっている店があります。追加契約の金額があまりに高いと困りますので、事前に確認してください。

以上、脱毛初心者のために、脱毛全般とメンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

冒頭で書いたように、現在、脱毛はブームと言っていい状態——。それだけサロンの数も多くなり、競争も激しくなっています。顧客を獲得しようとディスカウントなどのサービスも多くなっているので、公式サイトなどを見比べながら、お得に脱毛してもらうようにしましょう。