脱毛後に起こりがちな毛嚢炎

現在の主流

脱毛後に起こりがちな毛嚢炎(もうのうえん)とは?

サロンや医療クリニックで脱毛処理をする際は、専用の機器を使います。

これらの機器には色々な種類がありますが、現在主流となっているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザーといった、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使うもの。これらの光を毛穴に照射して、高熱のエネルギーで毛の根元の組織を破壊。そのことで脱毛効果を得るわけです。

高熱が生じるためにどうしても毛穴やその周辺が軽い火傷のような状態になり、肌が乾燥してしまいます。

乾燥状態になると肌は本来備えているバリア機能を低下させがちとなり、赤み、かゆみ、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだいいのですが、かゆみの箇所をかきむしったりすると菌が弱った肌の内部に入り込むことになり、肌トラブルの悪化につながりかねません。

特によくある症状が毛嚢炎というものです。

これはデリケートな状態になった毛穴に細菌が入って炎症が起き、膿が生じたもの。見た目が赤くてブツブツしているので、よくニキビと勘違いされます。

炎症が肌の表面だけならば、痛みやかゆみなどは感じません。そのまま放置しておいても、1週間程度で完治してしまいます。

しかし毛穴の深い部分に感染が及ぶと、ふくらみが巨大化しておできそっくりになり、痛みやかゆみが生じるケースもあります。

症状がひどい場合は慢性化し、毛嚢炎の発症を繰り返すこともあるので注意が必要です。慢性化すると炎症の範囲が拡がり、完治しても傷跡が肌に残ることがあります。

そんなことにならないためにも、施術のあとは激しい運動や入浴を避け、弱った肌をいたわるようにしましょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ