脱毛すると寒いの?

おすすめプラン

全身脱毛の施術の際の問題点とは?

脱毛サロンには「おすすめプラン」として全身脱毛をアピールしているところが多く、中にはコロリーのように全身脱毛に特化した店まであります。

「せっかくサロンに通うんだから徹底的に脱毛しよう」という女性が少なくないわけですが、口コミや体験談を読んでいると「施術中、すごく寒かった」という感想が結構目立ちます。

なぜ脱毛の施術で寒さを感じる場合があるのでしょうか?

現在サロンで用いられている脱毛法には、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つがあります。このうち、特に採用しているサロンが多いのが、IPL脱毛です。

IPLというのは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略語。毛根部分のメラニン色素に広帯域の光エネルギーが作用し、毛乳頭や毛母細胞を弱体化させて発毛を抑える、という仕組みです。

IPLは毛根部分を高熱で包んで組織に大きなダメージを与えるのですが、この時、肌にシミや日焼け跡があったりすると、そこのメラニン色素にも反応して熱が生じることがあります。

熱が上がりすぎるとやけどになってしまうため、それを予防するために施術前に冷たくしたジェルを置くのですが、全身脱毛の場合、全裸に近い状態のまま、体の各部位にそのジェルを置いていくわけです。
部分脱毛ならともかく、これでは寒いと感じてしまうのも当たり前です。

また施術後も熱を持った毛穴をクールダウンするためにジェルを用いるので、冷え性の人でなくても体がすっかり冷え切ってしまいます。

このような場合の対策としては、「すごく寒いので室温をあげて下さい」とスタッフにお願いするのが1番。サロン側でも慣れていますから、すぐに対応してくれます。

またジェルを使用しないサロンもありますので、そちらを選ぶのもいいでしょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ