効果が高くて安いVIO脱毛サロン@天王寺

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@天王寺

天王寺でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

KIREIMO(キレイモ)

キレイモ天王寺

天王寺にあるKIREIMO(キレイモ)の店舗情報

あべの店(天王寺) 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目1-29 AITビル
JR天王寺駅中央口より徒歩4分。

天王寺のキレイモの店舗イメージ

天王寺のキレイモで
無料カウンセリングを予約する

恋肌(こいはだ)

恋肌(こいはだ)天王寺

天王寺にある恋肌(こいはだ)の店舗情報

天王寺店 大阪府大阪市天王寺区悲田院町9-20 阿倍野橋ビル8階

天王寺の恋肌(こいはだ)で
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

天王寺にあるミュゼの店舗情報

あべのキューズモール店 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6-1 キューズモール2F
グラン天王寺アポロビル店 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5-31
きんえいアポロビル5F
あべのルシアス店 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1
あべのルシアス西棟11F

天王寺のミュゼの店舗イメージ

天王寺のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
snaka
vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.Vラインのデザインについて
3.Oライン脱毛について
4.脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?
5.VIO脱毛の料金はいくらぐらいなのか?
6.施術後は肌への刺激を避けること
7.脱毛の後、肌がザラザラするのはなぜか?

1.サロン選びの際の注意点!

VIOというのは、一言でいえばデリケートゾーンのこと。V、I、Oそれぞれが——

・Vライン(両足の付け根部分。ビキニライン)
・Iライン(女性器の両側)
・Oライン(お尻の奥)

をあらわします。

つまり「VIO脱毛」というのは、いわゆるアンダーヘアーの脱毛というわけです。

脱毛に全く興味のない人は「そんなところをわざわざサロンやクリニックで処理してもらうの?」と思われるかもしれませんが、実はワキに続いて、脱毛したいパーツの第2位となっています。

それほど人気を呼んでいるVIO脱毛ですが、次のようなメリットがあります——

・生理中の蒸れやニオイが減少する
・毛先による肌のチクチクやかゆみがなくなる
・露出度の高い水着や下着を着られる

また、自己処理する必要がなくなることも大きなメリットのひとつ。

実はカミソリや毛抜きなどで毛を剃ったり抜いたりしていると、どうしても刺激のせいで肌のメラニンが活性化し、デリケートゾーンが黒みを帯びてきます。

しかしVIO脱毛することによって自己処理の必要がなくなり、美しい肌になってくるのです。

2.Vラインのデザインについて

VIOのうち、Vラインは特に人気を集めている部位です。アンケートでも「処理を希望する部位」としてよく上位にランキングされます。

Vラインを脱毛する場合、全くの無毛状態にする人は少なく、一部だけを処理することが多いようです。その時問題になるのが、「どんな形にヘアーを残すのか」ということ。

その定番とされているデザインは以下の通りです——

・逆三角形

最もポピュラーなデザイン。処理したことで生じがちな、不自然さがありません。

・オーバル型

別名「楕円型」。丸みがあり、女性らしい可愛らしさがアピールできます。

・Iライン型

ほとんどの部分を処理するため、露出度の高い水着や下着をつける時に向いています。縦のラインの強調で、足が長く見えるというメリットも。

・Uライン型

丸みをもたせていて、逆三角形の次に自然な感じになっています。

・スクエア型

「Iラインはちょっと大胆過ぎる」という人がよく指定しているようです。ただ「いかにも処理した」という感じがあるので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、もし医療クリニックで施術する時はくれぐれも慎重にデザインを決めましょう。
一旦処理してしまうと数年、あるいは永久にそのままになりますから、適当に決めるとあとで後悔することになります。

3.Oライン脱毛について

VラインとIラインはサロンやクリニックでのアンケートでも「処理してもらいたい部位」としてよくランキング上位にきます。鏡を使えば自分でも様子がよく見られる、ということが関係しているのでしょうか。

ところが、Oラインは自分で見る機会が少ない部位。「特にヘアーを脱毛する必要はないのでは?」と決めてしまい、施術する人が少ないようです。

ただ、肛門周りのヘアーを脱毛すると、ニオイやムレの不快感を軽くできるので衛生的です。

また、彼氏や旦那さんとのエッチの時も体位次第でOラインのヘアーが目立ってきますので、脱毛しておく方が男性側に不快感を与えないですみます。

サロンやクリニックで実際に脱毛してもらう際は、スタッフが用意した紙パンツをはきます。
それをスタッフがずらし、指でお尻を広げながら、IPLやレーザー光を照射していくわけです。

店舗や医院によって体勢は異なりますが、「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかが多いようです。後者の方が恥ずかしさの点ではマシなので、スタッフに「うつ伏せで」とリクエストするといいでしょう。

施術そのものは大体10分〜15分しかかかりません。施術中は恥ずかしくても我慢しましょう。また、繰り返し施術を受けるうちに、見られることにも段々慣れてきます。

少しの施術だけで肛門周りが衛生的になりますから、ぜひOライン脱毛を受けてみて下さい。

4.脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?

VIO脱毛をしてもらうなら、サロンと医療クリニックのどちらかに足を運ぶ必要がありますが、この両者は施術に用いるマシンが違います。

現在、大抵のサロンが使っているのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

IPLというのは、intense pulsed lightの略で、肌に有害な紫外線をカットした特別なライト。黒いメラニン色素に反応する性質を持っています。

ムダ毛の生えた肌に当てると、奥に隠れた毛乳頭、皮脂腺開口部などに反応し、熱エネルギーに変化。発毛組織に大きな損傷を与え、ムダ毛を生えなくしてくれます。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどの種類がありますが、どれも脱毛の原理はIPLと変わりません。毛根に含まれたメラニン色素にレーザーが反応し、高熱を生み出すことで組織を破壊。脱毛効果を発揮します。

IPLとレーザー光の相違というのは、波長、およびパルス幅。それが照射パワーの差をもたらしています。

威力が大きいのはレーザーの方です。照射を数回に渡って継続することで毛根組織は徹底的に破壊され、ツルツルの肌が半永久的に続きます。
毛根を破壊することは医療行為とみなされるので、施術は医師免許を持っている人間だけしかできません。

効果は高いのですが、その分肌へのダメージも大きく、激しい痛みを感じる、といわれています。

IPLの方では照射威力が抑えられているだけに肌への影響は軽微で、痛みもレーザー光ほどではありません。その代りに脱毛完了に至る時間がどうしても長くなり、照射回数も多くなってしまいます。

またIPLの場合、毛根の組織はただ弱体化するだけなので、脱毛完了から数年くらいで再びアンダーヘアーが生えてしまうことになります。

もし脱毛効果をなるべく長く持続したいなら、医療クリニックでレーザー脱毛をするようにしましょう。

5.VIO脱毛の料金はいくらぐらいなのか?

VIO脱毛というのは、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

実は一言で脱毛といっても色々なやり方があります。

たとえば、サロンでIPL脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛にするのか。減毛程度でいいのか、完全にツルツルにしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいはあくまで料金が安いほうがいいのか。

それらのケースによって、ベストな料金にもまた幅が出てきます。

ここではいくつかのケースについてそれぞれの料金を紹介してみます(なお、以下に出てくるのはVIOの3つをすべて脱毛するプランです)。

まず、サロンでIPL脱毛をする場合です。

VIO脱毛で定評のあるサロンの料金は以下のようになっています——

減毛程度に抑えるケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回あたりの料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回あたりの料金は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回あたりの料金は8,640円)

完全にツルツルにするケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回あたりの料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回あたりの料金は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回あたりの料金は9,180円)

続いて医療クリニックでレーザー脱毛をする場合。

やはり定評のあるクリニックの料金をまとめてみます——

減毛程度に抑えるケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回あたりの料金は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回あたりの料金は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回あたりの料金は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回あたりの料金は18,540円)

完全にツルツルにするケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回あたりの料金は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回あたりの料金は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、VIO脱毛に関しては医療クリニックの方がリーズナブルで、とりわけ湘南美容外科の安さが目立ちます。

もしVIO脱毛をする場合は、とりあえず湘南美容外科を選べば間違いないでしょう。

6.施術後は肌への刺激を避けること

脱毛の施術では毛の周辺の肌組織が軽いやけどを負います。そのためにバリア機能が一時的に衰え、非常に刺激に弱い状態におちいります。

このため、日頃から肌トラブルを起こしやすい人は、赤み、かゆみ、炎症などが生じやすくなります。

サロンやクリニックへ出かける時の服装は別にどういうものでも構わないのですが、施術後に起こりがちな肌トラブルを避けるためには、なるべく肌へ刺激が少ない、ゆったりとしたものを選ぶべきです。

さらに、「化学繊維ではなく、天然素材の生地にする」「通気性を高める」「日焼けを防ぐため、露出度の高い服はやめる」など、術後の肌をガードする工夫をしましょう。

7.脱毛の後、肌がザラザラするのはなぜか?

サロンやクリニックで施術してもらった後、その部分の肌ざわりがザラザラになることがあります。

その原因に関しては色々と考えられますが、1番妥当とされているのが、「施術時の照射パワーが高い」こと。

サロンではキセノンランプを使ったIPL、医療クリニックではレーザー光を用いますが、ムダ毛に照射するとメラニン色素を含有した毛根部分が高熱に包まれます。

この時、毛根部分だけがダメージを受けるといいのですが、何しろメラニンに反応した光が熱エネルギーに変化するために、どうしても毛穴やその周辺の皮膚にも熱が伝わってしまいます。

そうなると、当然角質層に含まれていた水分もどんどん蒸発してしまい、表皮は乾燥状態に。
それがさらに進むと肌がザラザラになるのです。

気をつける必要があるのは、症状の悪化。ザラザラになった肌は本来備わっているバリア機能が衰えているため、ちょっとした刺激でもすぐに肌トラブルが起こります。

赤み、かゆみ、むくみ程度ならまだマシなのですが、かゆみのある部位をひどくかいたりすると、傷のついた肌の内部に雑菌が入り込むことになり、毛嚢炎といった厄介な症状を引き起こしかねません。

毛嚢炎は肌の表面だけの炎症であれば1週間くらいで簡単に治りますが、毛穴の深い部分まで症状が進むとオデキそっくりになり、かゆみや痛みがひどくなります。

さらに症状が慢性化すると炎症の範囲が拡大し、完治したとしても醜い傷跡が残ることがあります。

そんな事態を回避するためにも、施術のあとはクリームやローションを塗るなどして保湿に努め、刺激に弱い肌をいたわるようにして下さい。

以上、VIO脱毛、そして脱毛一般に関して初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もしご覧になった方の中に「デリケートゾーンを自己処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛を試してみることをオススメします。上述したようにカミソリや毛抜きによるムダ毛処理は肌への負担が大きく、色素沈着などの肌トラブルの一因となります。脱毛によって自己処理とおさらばし、美しいデリケートゾーンを保ちましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
snaka
vio

top