脱毛で肌がザラザラ?

脱毛の施術の後

脱毛の施術の後、なぜ肌がザラザラするの?

サロンやクリニックで脱毛の施術を受けた後、その部位の皮膚がザラザラになることがあります。

その原因については色々考えられますが、1番多いとされているのが、「施術時の照射出力が高い」こと。

サロンではキセノンランプによるIPL、医療クリニックではレーザーを使いますが、脱毛の原理は両方とも同じ。ムダ毛に当てるとメラニン色素を含んだ毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭、毛母細胞といった組織が大きなダメージを受けます。このことで発毛機能が損なわれ、毛が生えないようになるわけです。

この時、毛根部分だけが損傷するといいのですが、何しろ反応した光が高熱を発するために、どうしても周りにある毛穴の皮膚にも熱が伝わってしまいます。

そうなると当然角質層にあった水分も失われてしまい、表皮は乾燥。
それが進むと肌がザラザラになります。

気をつけなければならないのは、症状の悪化。
ザラザラの肌は本来のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激だけでも簡単に肌トラブルが起こります。

赤み、かゆみ、むくみだけならまだいいのですが、かゆみの部分をひどくかいたりすると、弱った肌の内部に菌が入り込むことになり、毛嚢炎などの症状を起こしかねません。

毛嚢炎は肌の表面にとどまっていれば1週間くらいで完治しますが、毛穴の深い部分まで感染するとおできそっくりになり、痛みやかゆみがひどくなります。

症状が悪化すると慢性化して炎症の範囲が拡がり、完治しても傷跡が残る場合があります。

そんな事態を防ぐためにも施術のあとはクリームを塗るなどの方法で保湿を行い、弱った肌をいたわるようにして下さい。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ